「郷に入っては郷に従え」という言葉があるが、中国で生活する日本人にとって、どうしても従いたくないと思う中国の習慣は「マナー」ではないだろうか。中国メディアの今日頭条は中国人のマナーの悪さを指摘しつつ、解決方法について論じる記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 「郷に入っては郷に従え」という言葉があるが、中国で生活する日本人にとって、どうしても従いたくないと思う中国の習慣は「マナー」ではないだろうか。中国メディアの今日頭条は中国人のマナーの悪さを指摘しつつ、解決方法について論じる記事を掲載した。

 記事は冒頭で、ある観光地で先を争ってバスの席を取り合う中国人の様子を掲載。この光景を見ていた日本人は「空いた口がふさがらなかったようだ」と伝えている。なぜ中国人は列に並んだり、整然とマナーを守ったりできないのだろうか。

 記事は専門家の意見を掲載しているが、1つ目の理由は「需要と供給のバランスの悪さ」だ。中国は人口が多い国であることは広く知られているが、人口に対してバスの本数や座席数が足りていないので、先を争うようになると主張している。解決策としてはバスを増便することらしいが、中国人が「我先に」と行動するのはバスの座席だけの問題ではないため、バスを増便しても根本的な解決には至らないだろう。

 続けて、2つ目の理由として「教育の欠如」を挙げている。中国では、教育現場で長年「礼儀」を教えてこなかった。学校では勉強を教えてはいるが社会での礼儀を教えていないので、マナーの欠けた行動をとるのだという。日本でも道徳の授業はあるが、礼儀を教えるのは主に家庭の役割だ。礼儀やマナーが教育の問題なのかは難しいところだが、教育を行うことで改善に向かうのは間違いないだろう。

 中国での人びとのマナーの悪さは恐らく日本人の想像を超えていることだろう。交差点では信号を守らない自動車と歩行者によって、深刻な渋滞を生んでいる。エレベーターのなかでも平然と喫煙をする。ゴミを当然のようにポイ捨てする。これらの悪習は今後改善されるのだろうか。

 マナーや礼儀は、家庭や学校、地域社会が一丸となって取り組まなければ改善は望めないだろう。近年、日本人もマナー低下が指摘されているが、気を引き締めて取り組まなければ、マナーの悪さで有名な中国のようになってしまうかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)