仏光山提供

写真拡大

(東京 20日 中央社)熊本地震の被災者を支援するため、チャイナエアライン(中華航空)と台湾最大の寺院とされる仏光山(高雄市)から共同で送られた救援物資が19日夜、福岡空港に到着した。物資の内容は、毛布や懐中電灯、マスクなど。チャイナエアラインは、台湾人の被災地への関心と励ましの心を伝えられればとしている。

仏光山は17日にも福岡市にある分院を通じ、14日の地震で最大震度7を観測した熊本県益城町に物資を届けていた。

(楊明珠、邱俊欽/編集:名切千絵)