仙台放送が謝罪:関テレの被災地スタンド割り込みを嘘で擁護

写真拡大

仙台放送が4月19日、公式サイト上に謝罪を掲載した。

謝罪によると、熊本地震を取材中の系列テレビ局のモラルを指摘するツイッターの投稿に対し、同社関連会社社員が虚偽の投稿をしていたことが判明したためだという。

【関連:関西テレビ、熊本でのガソリンスタンド列割り込み問題で謝罪】

仙台放送と同じフジテレビ系列の関西テレビでは17日、熊本県に派遣した中継車が、現地のガソリンスタンドで列に割り込み給油したことがツイッターでの告発により発覚。18日謝罪するに至っている。

しかし、告発が投稿された当時「危険物の管理をGSにお願いしている」など発言し注目されている人物がいた。後に関西テレビの謝罪により発言は嘘であることが判明。
発言者が何者であるかネットでは追求する動きがあり、18日夜の時点で「仙台放送の関係者」と指摘されていた。

【経緯】

■4月17日 8時10分:熊本県のツイッターユーザーが問題を告発

熊本県のツイッターユーザーが、被災地のガソリンスタンドで朝から列が出来ていたにも関わらず関西テレビの中継車が、注意を無視して割り込んだと写真つきで投稿。モラルを欠く行為として強く問題視された。

問題視された関西テレビの行為

■4月17日 15時28分:他のツイッターユーザーが誤解と指摘

他のツイッターユーザーが、この件について「話を調べると自分たちの燃料をドラム缶等で持ち込んで来ていて、危険物の管理をGSにお願いしているらしいです。」と投稿。
「直接調べました。」とも書かれていたため、ネットでは信用する人が続出し、ネット用語でいう炎上の「火消し役」となっていた。

なお、このツイッターアカウントは既に削除されている。

火消し役となった投稿

■4月18日:関西テレビが割り込みの事実を認め謝罪

関西テレビが公式サイトに謝罪文を掲載した。謝罪文では中継車の列の割り込み及び給油の事実をみとめ、「あってはならない行為でした。」と反省し、謝罪している。

■4月18日:ネット民による調査開始

関西テレビの謝罪により、次にネットでは4月17日時点で「火消し」発言をしていた人物に疑惑の目が向けられた。関西テレビが謝罪したことで、「GSにお願いしていたらしいです。」というのが嘘と判明したため。

そこでネット民が調査したところ、過去履歴などから関西テレビと同じフジテレビ系列の仙台放送関係者と判明。

「身内による虚偽の擁護」など大バッシングとなっていた。

■4月19日:仙台放送謝罪

関西テレビの被災地取材におけるモラルを欠く行為について、問題を告発したツイッター投稿に対し、同社関連会社社員が虚偽の投稿をしていたと説明。
「報道機関に携わる者として、あまりに軽率であり、あってはならない行為でした。」と述べ、謝罪している。

<引用ここから>
お 詫 び

弊社の関連会社の社員が、熊本地震を取材中の系列テレビ局のモラルを指摘するツイッターへの投稿に関連して、17日午後、事実とは異なる虚偽の投稿をしていたことがわかりました。
報道機関に携わる者として、あまりに軽率であり、あってはならない行為でした。
今回の件で、多くの皆様に不快な思いを抱かせてしまいましたことを、深くお詫び申し上げます。
弊社といたしましては、今後このようなことのないよう、改めて関連会社を含めた社員・スタッフへの教育を徹底してまいります。

2016年4月19日
株式会社仙台放送
<引用ここまで>

▼参考
仙台放送「お詫び」

(文:HideI)