19日、中国外交部の華春瑩報道官は、日本政府が尖閣諸島と竹島が日本固有の領土であることを示す資料約750点を内閣官房のホームページに公開したことについて、「釣魚島が中国に属するという事実を変えることはできない」と述べた。

写真拡大

2016年4月19日、中国外交部の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官は定例記者会見で、日本政府が尖閣諸島(中国名:釣魚島)と竹島が日本固有の領土であることを示す資料約750点を内閣官房のホームページに公開したことについて、「釣魚島が中国に属するという事実を変えることはできない」と述べた。中国網が伝えた。

華報道官は「釣魚島とそれに付属する島しょは中国固有の領土であり、それを示す十分な歴史的、法律的根拠がある。甲午戦争(日清戦争)以前から西洋の地図において釣魚島の名称は広く使用されており、中国に属することが明確に示されていた。甲午戦争以降、日本は釣魚島を含む台湾およびその付属島しょに対して長期的な植民地支配を行った。第2次世界大戦終結後、関連する法律文書に基づき、釣魚島は中国に返還された」と主張。

その上で「日本が苦心して資料を探し出し、一部を都合よく解釈し、歴史を分断しようとしても、釣魚島が中国に属するという事実を変えることはできない」と述べた。(翻訳・編集/柳川)