展覧会「こどもとファッション」東京都庭園美術館にて開催 - 日本初公開の子ども服など約30点展示

写真拡大

「こどもとファッション 小さい人たちへのまなざし」が2016年7月16日(土)から8月31日(水)までの期間、東京都庭園美術館にて開催される。

[ この記事の画像をもっと見る ]

こども服は消耗が激しく、良い状態で残されていることが少ない資料だ。しかし本展では、ヨーロッパで30年以上かけて収集されたコレクションから選りすぐった、日本初公開を含む約30点を展示。

また、明治以降の日本の洋装こども服も紹介する。長野県須坂市の田中本家博物館が出品する保存状態の良いこども服からは、大正時代のこどもが誇らしげに洋服を着ている姿が目に浮かぶ。

その他にも、こどもの姿が描かれた絵画、ファッションプレート、絵本、写真など150点以上の作品も展示。中でも様々なポーズや服装のこども達をユーモラスに描いたルイ =モーリス・ ブテ・ド・モンヴェルの可愛らしいイラストレーションは見どころだ。

時代につれて変わっていく大人達のこどもに対する認識や、現在の常識では不思議に思える当時の事実なども紹介している本展。是非足を運んでみてはいかがだろうか。

【概要】
こどもとファッション 小さい人たちへのまなざし
会期:2016年7月16日(土)〜8月31日(水)
場所:東京都庭園美術館 本館・新館
住所:東京都港区白金台5-21-9
開館時間:10:00〜18:00 (入館は閉館の30分前まで)
休館日:第2・第4水曜日
入館料:一般 1,100(880)円、大学生(専修・各種専門学校含む) 880(700)円、中・高校生・65歳以上 550(440)円
※()内は前売り及び20名以上の団体料金。
※小学生以下および都内在住在学の中学生は無料。
※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳を持参の方とその介護者1名は無料。

【問い合わせ先】
東京都庭園美術館
TEL:03-3443-0201