アップル、ベルリンに「自動車研究所」を設立へ:独紙報道

写真拡大

アップルがベルリンに「自動車研究所」を設立すると報道されている。アップル車の生産を受け入れるために、BMW社向けの生産を削減する自動車部品メーカーもあると伝えられている。

「アップル、ベルリンに「自動車研究所」を設立へ:独紙報道」の写真・リンク付きの記事はこちら

アップルは秘密主義で有名な会社だが、噂されていた「iCar」についての情報が表に出てきたようだ。公式には「プロジェクト・タイタン」と名付けられた、電気自動車市場に参入する計画に関わる情報だ。

独『フランクフルター・アルゲマイネ』紙の報道によると、アップルはベルリンに「自動車研究所」を設立する予定だという。

この研究所の目的は、ドイツ自動車業界の重要な人材を集めることにあり、15〜20人の研究者が常駐して「アイデアを練る」という。

さらに研究所では、車の市場参入という現実的な局面も探る。アップルが同国で提携すべき企業(ヨーロッパ全体での生産や流通に影響を及ぼす可能性がある要素だ)、遵守する必要がある規制、競合他社にどのくらい先を越されているかの評価などだ。

2015年2月の段階で、アップルには自動車業界で働いた経験のある従業員が640人いると報道された(日本語版記事)が、さらに同年8月には、自動車業界の専門家を対象とした積極的な採用活動を行っている様子が報道された。ロイター通信の記事によると、テスラモーターズでシニアエンジニアを務めていたジェイミー・カールソンや、自律走行車を専門とするフォルクスワーゲンのエンジニアであるミーガン・マクレーン、カーネギー・メロン大学で自律走行車を研究していた大学院生のヴィナイ・パラッコード、NVIDIA社で運転支援システム向けのコンピューター・ヴィジョン・ソフトウェアを開発していたシャンチャオ・トンなどの重要な人物が対象となった。

フランクフルター・アルゲマイネ紙は、アップルブランドのクルマがドイツの道路を走るのは早くても2019年から2020年になると述べている。情報筋の話では、開発されるのは小型車で、少なくとも当初は、カーシェアリングのZipcar社(日本語版記事)と同様のサーヴィスを開始する可能性があるという。つまり、iCarをそのまま購入するというよりは、短時間のレンタルや、1分あたりの請求が行われる可能性があるということだ。

ほとんどのアップル製品の価格が割高であることを考えると、消費者には歓迎されるかもしれないが、アップルとしても、販売地域を広げる前に需要を試すことができる。

おそらく最も興味深いのは、生産提携企業として、自動車部品メーカーマグナ・インターナショナルの名が挙げられていることだ。同社は、カナダとオーストリアに拠点を置く実業家フランク・ストロナックが経営する、世界第3位の部品メーカーだ。憶測が飛び交うアップル車の生産を受け入れるために、BMW社の「ミニ」シリーズの生産を削減していると伝えられている。