写真提供:マイナビニュース

写真拡大

みずほ銀行とインテージ、NHN テコラス、データセクションの4社は4月19日、データエクスチェンジコンソーシアム有限責任事業組合が運営するデータエクスチェンジコンソーシアム(DXC)での活動を発展させた取り組みとして、ビッグデータ利活用による利用客向けの新しい情報・サービスの提供方法について、2016年4月から協働で実証実験を開始すると発表した。

同実験では、ソーシャルメディアなどから得られるビッグデータを利活用し、みずほ銀行の金融サービスの利用客に対して最適なタイミングで的確な情報を提供する方法について、検証を行う。

みずほ銀行は、同実験への取り組みを契機に安心かつ、安全なデータ利活用を通じた金融サービスの情報提供のあり方について引き続き検討を進めていくという。

(山本善之介)