写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日本ティーマックスソフトと情報技術開発(tdi)は4月19日、高所作業車など特殊車両メーカーのアイチコーポレーションの基幹業務システムにおいて、「Tmax OpenFrame(ティーマックス オープンフレーム)」を用いてIBMメインフレーム環境からオープン・プラットフォーム環境へのマイグレーションを実施したと発表した。

tdiは、アイチの既存システムの運用保守を担当しており、業務ノウハウと効率的なプロジェクト推進している。また、ティーマックスソフトが提供するメインフレーム資産をオープン環境へ移行するリホスト・ソリューションであるTmax OpenFrameにより、1万5000本の大規模メインフレーム環境のマイグレーションを、10カ月で実現したという。

これは、主な他社ソリューションを利用した場合には3年程度の期間が想定される規模といい、今回は特にアイチコーポレーションが契約するホストの更新時期に合わせた10カ月以内という厳しいスケジュール要件に応えたことになるとしている。

同システムは2016年1月に全機能のカットオーバーを迎え、現在は安定的に稼働しており、夜間のバッチ処理時間の短縮を実現。そのため、マイグレーション後は夜間に実施するシステム・メンテナンスの時間などの十分な確保が可能となり、計画的かつ安全で安定したシステム運用が可能になったという。

(山本善之介)