写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●トヨタの車の安全性への考え方
○トヨタが考える車が提供すべき機能

GTC 2016において、トヨタ自動車の人工知能技術の研究・開発を行うToyota Research Institute(トヨタリサーチ研究所:TRI)のCEOであるGill Pratt博士が基調講演を行った。Pratt氏は、MITの准教授、Olin Collegeの教授などを務めた。2010年にはDARPAに移り、Defense Science Officeのプログラムマネージャとなり、救助ロボットの能力を競うDARPA Robot Challengeプログラムをマネージした人物である。

一般にコントロールのやり方には3つのタイプがあるという。第1は直列のコントロールで、「指揮官(Commander)が命令を出し、部下(Subordinate)が命令を実行する」。命令の実行の結果、環境が変化するので、その影響が指揮官に伝えられ、次にどのような命令を出すかを考える。

第2のタイプのコントロールは、「旅客機のように操縦士(Pilot)と副操縦士(Copilot)がおり、交代しながら操縦を行う」。そして操縦操作の結果は両者にフィードバックされる。

そして第3のモデルは、「操作者(Actor)と補助者(Assistant)が並列に同時に操作をおこなうというモデルである」。例としては父親が子供の手を取ってゴルフのスイングを教えている写真が載っている。

次の写真は、左が協調無しでボックスにブロックを入れる場合、右が協調による助けがある場合で、ビデオを写したこの写真からはよくわからないが、麻痺のある人の動きをコンピュータが助けるParallelのコントロールにすると、協調無しと比べてスムーズにブロックを入れられる。

車の提供すべき機能に関して、トヨタの豊田章男社長の優先順位は、第1が安全性、第2が環境を守る、第3がみんなに移動の自由を提供する、そして第4が運転することの楽しさを提供するであるという。

安全性に関していうと、Googleは200万マイル公道走行を行った実績があるというが、トヨタは年間で約1000万台の車を生産しており、それぞれの車は10年使われる。そして、車は、年間1万マイル走行すると考えると、トヨタ車は年間1兆マイル(10の12乗)走っていることになる。

そして、1兆マイルの走行の内で、車の不良が原因の事故が年間数件発生すれば、会社の存続の危機になりかねない。つまり、200万マイルの走行実績では、まだまだ不足である。それにカリフォルニアやテキサスでの公道走行だけでなく、ありとあらゆる気象条件でテストを行わなければならない。

●トヨタが考える自動運転技術のゴール
○2種類ある車の運転サポート手法

車の運転サポートには、「Chauffer(お雇い運転手)型」と「Guardian Angel(守護天使)型」がある。お雇い運転手は、主人の命令で完全に運転を代行するSeries型の制御である。一方、守護天使は、危ない時だけ助けを差し伸べるParallel型の制御である。

お雇い運転手型のシステムは、常に運転を担当し、運転上の事故などの責任は車の製造者の責任となる。一方、守護天使は危ない時に助ける役目であり、事故の責任の大半は運転者の責任である。そして、お雇い運転手はすべての状況で運転ができる技量を持つ必要があるが、守護天使の場合は、少なくとも運転者を危険にさらさないということを満たせば良い。

開発面でいうと、お雇い運転手は、技術が完璧になるまでは人命が失われる恐れがあり、実用にできないが、守護天使は使える領域を順番に増やしていくという実用化が可能であるので、結果として早い時期から人命を救うことが可能になる。

そして、お雇い運転手の場合は電車に乗っているのと同じで、ドライブする楽しみはあまり感じられない。これに対して守護天使の場合は、初心者でも高性能の走りを楽しめるという点で、ドライブの楽しみが味わえる。

トヨタの自動運転技術の開発には3つのゴールがある。それは、「安全性の改善」、「移動手段へのアクセスの改善」、そして、「屋外での移動手段の提供から室内での移動手段の提供までトヨタの事業領域を広げる」ことである。

先述した1兆マイルの信頼性の確保であるが、トヨタは車を中に入れてあらゆる走行状態を作り出すシミュレータを持っている。このシミュレータを使えば、実際の走行より急激な加減速を行うことなどもできるし、同じ状態のテストを再現してソフトウェアのリグレッションテストを行うこともできる。

これらの技術を開発するため、トヨタはスタンフォード大学にほど近いカリフォルニア州のPalo AltoにToyota Research Institute(TRI)を設立した。150名の陣容でスタンフォード大の協力を得ながら守護天使型の技術の研究開発を行う。そして東海岸のマサチューセッツ州Cambridgeに50人規模の開発拠点を置き、MITの協力を得てシミュレーションの研究開発を行うという。

さらにGTC 2016の基調講演のなかでPratt氏は、ミシガン大学と協力してミシガン州のAnn Arborにお雇い運転手型の技術を開発する研究拠点を設立することを新たに発表した。規模は50人で、2016年6月に立ち上げる予定である。

トヨタは守護天使型の方が実用に結び付けやすいと考えているが、お雇い運転手型の技術と守護天使型の技術には重なる部分も多く、将来的にはお雇い運転手型の技術も必要となると考えられるので、 TRIの研究を強化するものとなるという。

最後にPratt氏は、「他の自動車メーカーは競争相手ではあるが、他社も含めて、IT関係の会社、政府機関、ハードウェアメーカーなどと建設的で競争的な協力関係を樹立することを望む」と締めくくった。

(Hisa Ando)