露出はほどほどに!? 冷え&寒さ対策よりもおしゃれをとる女性について思うことランキング3

写真拡大

少し暖かくなってきたとは言え、まだ日によって肌寒い日もありますよね。寒さや冷え症を予防するために、いろいろ対策をしている女性は多いのではないでしょうか。そこで今回は働く女性に、寒さ対策よりもおしゃれをとる女性をどう思うかについて、聞いてみました。

Q.冷え性対策よりもおしゃれをとる女性をどう思いますか?

・1位 「少し無理をしすぎだと思う」……42.4%

・2位 「特に何も感じない」……37.7%

・3位 「おしゃれを意識していていい」……19.9%

あまり無理をしすぎていると、やはり気になるようですね。体を壊してしまっては、元も子もありません。さらに詳しく聞いてみました。

■1位 「少し無理をしすぎだと思う」

・「どう見ても寒いのに、そこまでしておしゃれをするなんてむちゃだと思うから」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「寒すぎて顔色が悪かったり、鳥肌が立っているのを見ると、もっと自分の体を大事にしたほうがいいのにと心配になる。寒い時期に無理に、短いスカートをはく必要はないと思う」(25歳/食品・飲料/専門職)

・「人それぞれだからおかしいとは思わないが、自分は寒がりなのですごいなぁと思う反面、体に負担がかかってないかなと心配になる」(28歳/自動車関連/販売職・サービス系)

・「程度にもよりますが、真冬にミニスカ・生足の女性は信じられないです。体の冷えは女性の天敵なのに」(27歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

寒いのにミニスカートや薄着をしている人を見ると、どうしてそこまで無理をしてしまうのか、不思議に感じてしまうこともありますよね。寒いときはあまり無理をせずに、温かい格好でいたほうが自分にもまわりも安心ですよね。

■2位 「特に何も感じない」

・「その人がこだわっているのならいいと思うし、おしゃれでも実は中に着込んでいたりするのではと思うから」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「それぞれ譲れないものがちがうから、がんばりたいならがんばればいいと思う」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「自分に被害があるわけではないから、その人の自由だし特に何も思わない」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「すごいなーと思うのと、自分にはできないなと思う」(28歳/電力・ガス・石油/事務系専門職)

自分なりにこだわりがあるのなら、特に気にならないかもしれませんね。いつも薄着でいたり、露出が多い女性だと、そういうファッションが好きなんだろうと思いますよね。

■3位 「おしゃれを意識していていい」

・「好印象。むしろ防寒をとると、女ではなくおばさんとみなすから」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「寒そうなのはがんばっていると思うが、多少おしゃれしてほしいから」(27歳/医療・福祉/専門職)

・「あまりに防寒しているのは見苦しいから」(23歳/生保・損保/事務系専門職)

・「かわいいしがんばっていて好感が持てる」(25歳/医療・福祉/専門職)

寒いからといって、防寒対策をしすぎている女性をみると、おばさんのように見られてしまうこともあるようですね。女性らしさを忘れないためにも、少しはおしゃれを意識したほうがいいのかもしれません。

■まとめ

多少の薄着や露出なら気にならないものですが、いきすぎたファッションになると、体を壊さないか気になってしまうという女性の意見も見られました。体の冷えは万病の元と言われますし、年齢とともに、おしゃれ度より体を大切にすることを重視するのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年3月にWebアンケート。有効回答数152件(22歳〜34歳の働く女性)