期待を裏切り続けるデパイがファン・ハールと話し合い

写真拡大

▽マンチェスター・ユナイテッドでトップパフォーマンスを見せられずにいるオランダ代表FWメンフィス・デパイが、ルイス・ファン・ハール監督と今後について話し合ったようだ。イギリス『サン』が報じた。

▽デパイは、16日に行われたプレミアリーグ第34節のアストン・ビラ戦に自身5試合ぶりの先発出場。チームは勝利したものの、個人的として印象的なパフォーマンスを見せることができなかった。

▽『サン』によれば、前々節のトッテナム戦でDFカイル・ウォーカーとの取っ組み合いに発展していたデパイはファン・ハール監督から、忍耐に加えて、チームのために良いプレーをしてファンに価値を示すことの必要性を説かれたという。

▽デパイは、昨夏に移籍金2500万ポンド(現在のレートで約38億8000万円)でPSVから鳴り物入りでユナイテッドに移籍。エースナンバーである7番を授けられるなど期待を寄せられながらの加入となったものの、ここまで公式戦41試合7ゴールにとどまっている。