アプリと連動して自動でバックアップ

写真拡大

半導体メモリー製品などを手がける台湾のトランセンドは、Lightning端子搭載のフラッシュドライブ「JetDrive Go(ジェットドライブ・ゴー) 500」を2016年4月末に発売する。

iPhoneやiPadなどのiOS機器と接続するLightning端子、パソコンと接続できるUSB 3.1コネクターを備える。従来品との比較で市場最小クラスだというメタリックな筐体のシンプルデザインを採用。コネクターユニットは長めの設計で、ケースを装着したまま接続可能だ。アップル「MFi(Made for iPod/iPhone/iPad)」認証を正式に取得しており、将来のiOSバージョンアップ後も安心して使用できるという。

「App Store」から無料ダウンロードできる専用アプリ「JetDrive Go App」を使用して「カメラロール」の自動バックアップや同期が可能。そのほか「Microsoft Office」「Adobe PDF」などの文書や音楽ファイルなど、ほとんどの形式の再生や閲覧に対応し、「フォルダー」「写真」「ビデオ」「ドキュメント」4つに分類して表示できる。レザーストラップが付属する。

容量32GB、64GBをラインアップ。カラーはそれぞれシルバー、ゴールドの2色を用意する。

市場想定価格は、32GBモデルが7980円前後(税込)、64GBモデルが1万980円前後(同)。