うまくいかない恋愛、プレッシャーの多い仕事……そんなストレスフルな生活を送っていると、だんだん心が内向きになってきて、なにをするにもおっくうな気分になってきませんか? 多忙でストレス過多の生活は、たしかに精神をむしばんでいきます。だからこそ心を落ち着かせる“なにか”をしてみましょう!
ふとしたスキマ時間ができてもすぐにスマホをいじってしまうのは、かえってよくありません。多大な情報が入ってきて、脳がますます疲労するばかりです。それよりも心を落ち着ける行動をすることで、穏やかな精神状態を取り戻すことができるはずです。そんな行動とは、いったいどんなものなのでしょうか?

ぬりえや折り紙といったクラフト工作

ぬりえも折り紙も子どもの遊びと思っていませんか? でも精密な“おとなのぬりえ”が海外では大ブーム、次は折り紙も人気に火が付くきざしがあります。無心に手先を動かし、なにかを作りあげるには集中力を要します。そしてそのことが脳にもストレスフルな考えを整理する時間と余裕を与えることにもなるのです。
テレビもスマホもオフし、静かな音楽をかけながら、なにかを作り出すことに夢中になってみてはいかがでしょう?

散歩やジョギングで、自然のなかに身を置く

人工物に囲まれた都会の生活でも、公園や並木道などで自然に触れることができます。ストレスがたまって心が疲れたときは、自然のなかに身を置いて心を静めてみましょう。ゆっくりと歩いたり、一定のペースでジョギングしたり、今の自分にもっとも合ったやり方で外に出てみてください。
もちろんそんな時間がとれないときでも、空を見あげて雲をぼんやりながめたり、お花屋さんで旬の花を家に飾ったりすることでも、生活のなかに自然をとり込むことが可能です。

ガーデニングで、植物の成長をよく観察する

ガーデニングのストレス解消効果も見逃せません。小さな植物を毎日こまめにケアすることで、精神的なゆとりも得られることができるのです。これからの季節、プランターに花を植えて楽しみにしたり、料理にも使えるハーブを育てたりするには絶好の時期でもあります。植物は物言わぬ存在でも、手間暇をかけてあげればきっとこたえてくれます。日々の植物の成長を注意深く観察しているうちに、心をざわつかせるストレスも少しずつおさまっていくことでしょう。

心のおもむくまま体を動かす

より活発にストレスを発散させたいのなら、好きな音楽をかけながら気ままに踊る自己流ダンスがおすすめ。誰もいないところならうまいへたに関係なく、心のままに体を動かすことができるでしょう。
音楽にのりながら気持ちよく踊っていればストレスや緊張感もとれ、快感ホルモンがより多くなります。音楽もノリのいい曲ばかりではなく、心を落ち着かせたいときはスローなメロディのものでもかまいません。
ゆっくりとした動きでもダンスはじゅうぶんに可能です! そして踊っているあいだは目も閉じて、外界の余計な刺激もシャットアウトしたほうがより意識を集中しやすく、心をからっぽにすることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか? ストレスを感じたときこそやけ食いや衝動買いにはしらず、こんなちょっとした行動で、穏やかな心をとり戻したいですね。
ストレスマネージメントは現代人にとって必須スキルともいえます。上記のアクティビティはいずれも難しいことではないので、ぜひとり入れてみてください。