その日、サンダースの集会はまるで『ピッチフォーク』のようだった

写真拡大

米大統領選の今後を占うニューヨーク州予備選に向け、民主党候補に向け躍進するバーニー・サンダースの集会が行われた。その壇上に姿を見せたのは、数々の“インディー”・ミュージシャンたちだ。

「その日、サンダースの集会はまるで『ピッチフォーク』のようだった」の写真・リンク付きの記事はこちら

太陽が沈みかけ、早春のニューヨーク市(NYC)に肌寒さが訪れようとしていた頃、わたしの背後から聞こえる音があった。

「ウー! ウーハーフー! ウー!」。しばらく止んだのち、また「ウーウー!」。

声の主は、腕を空中高くに掲げて立つ21歳のニューヨーク大学生、マイケル・デルーカだ。首からカメラをぶら下げて、胸にはバーニー・サンダースのステッカーを貼っている。デルーカと彼の友人で同じく21歳のクリスティーナ・ネコらは、明日(現地時間4月19日)のニューヨーク州予備選を前にサンダースを支持するためにワシントンスクエアパークに集まった約27,000人が取り囲む金属製のバリケードに寄りかかりながら、頬を紅潮させていた。

もっとも、そのときデルーカが感情を爆発させていた先は、かのヴァーモント州上院議員ではなくヴァンパイア・ウィークエンドだった。同バンドのリーダー、エズラ・クーニグはサンダース支持者の1人で、あまりに頻繁にサンダースのキャンペーンについてツイートするため最近はフォロワーから別の話題もツイートしてほしいとせがまれているほどだ。

クーニグとバンドメンバーはサンダースの集会で演奏するためにアイオワシティからシカゴまで旅してきたが、この日はホームタウンであるNYCに戻って、聴衆を熱狂させるべく準備をしていた。

aflo_LKGG579665

3月11日の集会で演奏するヴァンパイア・ウィークエンド。PHOTO: AP/AFLO

デルーカがここに出向くことにした最大の要因は、大学のキャンパスのど真ん中でヴァンパイア・ウィークエンドの演奏を見られることにあった。

「そう、それはぼくにとって(ここにいる)理由の半分です」とデルーカは語る。「ぼくは熱心なバーニー支持者です。ですが、ヴァンパイア・ウィークエンドも大好きなのです」

そうした学生は彼だけではない。「ヴァンパイア・ウィークエンドが演奏しているのがわかったとき、ちょうどいい、これで今日の授業をさぼる理由が見つかった、といった感じでした」と語るのは20歳のニューヨーク大学の学生ディエゴ・ラカだ。

ラジオシティ・ミュージックホール、マディソンスクエアガーデン、それにブロードウェイを擁するこの街でもっともエキサイティングなチケットは、間違いなくサンダースの集会のチケットだ。これは、聴衆を惹きつけるサンダース自身の能力によるものであるとともに、サンダースのために演奏するインディーミュージシャンたちの出演ラインナップのおかげでもある。

「人々は音楽を愛しています。音楽は聴衆を興奮させるのです」。サンダースのキャンペーンマネジャーのジェフ・ウィーバーは語る。「これはすごいことです。われわれの陣営のために出演してくれるすべてのミュージシャンに、心から感謝します」

確かにサンダース陣営には、多くのミュージシャンが参加している。水曜日にはヴァンパイア・ウィークエンドとダーティー・プロジェクターズ。日曜日にはグリズリー・ベア。そして今夜はTV オン・ザ・レディオだ。このラインナップにはさらに、過去にサンダースのキャンペーンのために演奏してきたラン・ザ・ジュエルズのラッパー、キラー・マイクから、ソニック・ユースのサーストン・ムーア、ウィルコのジェフ・トゥイーディーも加えられる。

以上を鑑みれば、サンダースのキャンペーンは、ケイティ・ペリーやビヨンセのようなスーパースター(彼女たちは「#withher」、つまりヒラリー支持者だ)ではなく、音楽界のエスタブリッシュメントからはともすればアウトサイダーとも言われるアーティストたちが並ぶ、音楽メディア『Pitchfork』(ピッチフォーク)のホームページが現実になっているかのようにすら思える。

われらは、インディー

昨日行われたブルックリンでのサンダースの集会で過去最高の28,000人の聴衆を集めて演奏したグリズリー・ベアのリードヴォーカル、エド・ドロストによれば、政治におけるサンダースの嫌儲主義と音楽業界においてマネーが及ぼす影響力には相対するものがあるという。

「金をもっている人間が、誰をラジオに出演させるかを決めている」とドロストは言う。そして、これほど多くのインディーアーティストたちがサンダースを支えるべく勢ぞろいする理由は「ぼくたちの誰も、巨大企業に恩義を感じていないからだと思う」と付け加えた。

関連記事多民族都市ニューヨークに迫るウェブ選挙戦略池田純一による大統領選についての連載第4回記事)

aflo_ONQA024063

そのTシャツを見ればわかるとおり、ケイティ・ペリーはヒラリーを支持するアーティストの1人だ。PHOTO: INFPHOTO/AFLO

ドロストは、自身、これまでも政治には活動的だったと言う。誰が民主党の候補者になろうと、その人物のためにキャンペーンを行い、投票してきた。しかし、とりわけ政治における資本力について、自らが民主党に対して抱いていた欲求不満をサンダースが明言したのだと言う。

「とりわけ政治において、そこから金を引き出すことができれば、ぼくたちは皆、もっと裕福になれるはずだ。事実、政治はあらゆる人の生活に影響を及ぼすのだから」と、ドロストは語る。「そして、それはバーニー・サンダース以外のどの候補者では起こしえないだろう」

これにはクーニグも同意していて、「バーニーは気持ちを奮い立たせてくれる唯一の候補者だ」と、われわれ『WIRED』に語った。「立法の経験があって、二大政党制から長期間独立した立場をとっている候補者がもっといればいいけれど、そんな人間はいない」

クーニグは、「(サンダースは)賞賛すべきほどの高潔な履歴をもつ独立した候補者で、考え得る最高の瞬間に民主党に合流し、変化のための唯一の機会を与えてくれる」と付け加える。

そして、冒頭のデルーカのような若者にとって、こうした推薦の言葉は非常に大きな意味をもつ。デルーカは、「誰もが政治学を専攻しているわけではありません」と言う。「自分の尊敬する誰かが特定の候補者と行動をともにするのを見たとしたら、人はどうするでしょう? ぼくにとって、エズラ・クーニグはまさにその尊敬する誰か、なのです」

バンドと、ともに

もちろん、これらのスターを“サンダースの前座”として招聘することは、その場にいる全員がサンダース支持者とならない事態も招く。冒頭のデルーカですら、自身がサンダースのためにこの場にいるのは理由の“半分”だけだと言う。訪れた多くの人にとって、その割合はもっと低くなるはずだ。

しかし、クーニグは、そうした影響をあまり気にしていない。「“可視性”を増やしてくれるものは、何であれプラスに働く。バーニーを支持するミュージシャンが音楽メディアで取り上げられたら、バーニーについてより多くの記事が書かれることになり、音楽ファンはバーニーに親しみを覚えるだろう。最悪のシナリオは『バーニーに投票する気もないヴァンパイア・ウィークエンドのファンがやってくる』ことだけれど、その場合でも、少なくともその人たちは集会を見て、バーニーが話すのを聞くことになる」

実際、そのような(最悪のシナリオに描かれるような)人はごく稀のようだ。クーニグによれば、ワシントンスクエアパークでの集会では、最前列の人たちはヴァンパイア・ウィークエンドのファンではなかった。ただのファンたちは後方にいて、最前列にいたのは、ちょうどその日ヴェライゾンに対してストライキを行っていた米国通信労働者組合のメンバーたちだったと言う。

「中年男性が多かった。ぼくたちが出向いたとき、彼らは「フリーバード」(1975年に全米19位を獲得したレーナード・スキナードの代表曲)とツェッペリンを、声を張り上げて歌ってたよ」とクーニグは述べる。「ぼくにとって、その光景は心地いいものだった。だってぼくは、ニューヨーク市労働組合のメンバーの息子だし、ぼく自身もかつて教員組合のメンバーだったから」

(グリズリー・ベアの)ドロストにとっても、この日の夜の演奏は、これまでとは異なるタイプのショーになるだろう。その前の金曜日に彼と話したとき、ドロストはサンダースと会ってもいなかった。しかしいまでは彼も、スターと一緒に自撮りするのを願っている1人だ。

We were all so honored to get to play in front of 28k people in support of @berniesanders yesterday! He's bringing us back together and he's bringing hope to a country that I think never thought we'd have a shot at having a politician with decades of integrity. Was a beautiful day yesterday! New York tomorrow is a big day! Every vote is crucial and having heard from dozens of independents who of COURSE had no idea they had to change their party affiliation LAST OCTOBER 9th, before the first democratic primary even happened (!) how discouraged they are that their passion and voice cannot be heard. They are all volunteering tho to make sure those that can vote tomorrow do, and are informed ! Don't let anyone say it's over! Stay in line! We all believe ! ❤️❤️🙏🏼 #stillbernie #berniesanders #feelthebern (ps. DO NOT WEAR BERNIE MERCH TO VOTE! They will turn you away!!!!) pps. TAG A NEW YORK friend who might need a reminder! Everyone is busy after all :)

Ed Drosteさん(@edroste)が投稿した写真 -