シリアの市場への空爆で市民44人死亡 反体制派が和平協議離脱へ

ざっくり言うと

  • 内戦が続くシリアの北西部で19日、空爆で市民少なくとも44人が死亡した
  • 反体制派は、攻撃が相次いでいることを受け、和平協議から離脱すると表明
  • 空爆は「大虐殺」であり、明らかな停戦違反だと非難した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング