客の情事を覗くためホテル経営、スピルバーグ×サム・メンデスで映画化。

写真拡大

スティーブン・スピルバーグとサム・メンデスが、小説「ザ・ボワヤーズ・モーテル」の映版化作品でタッグを組むようだ。

宿泊客たちの情事を覗き見するため自身のホテルをオープンさせた男の“真実の物語”を描く、ゲイ・タリーズの同名小説の映画版で、スピルバーグがプロデューサー、メンデスが監督を務めるとデッドラインが報じている。

米コロラド州デンバーに21部屋を所有するモーテルを50年前に購入した男ジェラルド・フースは、客室を覗き見できるようさまざまな改造を加えていた。不倫や殺人などそこで見たすべての出来事をメモしていたフースが、ジャーナリストであるタリーズに手紙で連絡を取り、タリーズは1980年に直接フースに会うためそのモーテルを訪れる。

タリーズが受け取ったその手紙の中には「このモーテルを購入した理由は趣味の覗きを充実させるため、さらに人々が人生において社会的に、性的にどんな生活を送っているのかへの興味が抑えられなかったからです。これは私の錯乱した覗き見への興味だけではなく、純粋に私の人々への貪欲な好奇心によって実行に至ったことなのです」と綴られていたそうだ。

原作小説「ザ・ボワヤーズ・モーテル」はグローブ・プレスから7月12日発売予定。4月11日発売のニューヨーカー誌にその一部抜粋が掲載されている。