18日、中国のインターネット上に、熊本で発生した地震について、日本の建築技術の高さを紹介する記事が掲載された。写真は被災地・熊本の16日の様子(撮影:劉傑)。

写真拡大

2016年4月18日、中国のインターネット上に、熊本で発生した地震について、日本の建築技術の高さを紹介する記事が掲載された。

記事は、地震が発生した際に日本のレストラン内で撮影された動画を紹介。動画には、大きな揺れにもかかわらず、店内の客がみんな慌てず、冷静に対応している様子が映っている。これについて、記事は二つの理由を挙げている。一つは「日本では地震が頻発して(慣れて)いるため、実際に地震が起きた時でも慌てることなく冷静に判断ができる」こと。もう一つは「建物の安全性を信用している」こと。

今回の熊本の地震では全壊が400棟余り、半壊が1250棟余りに及んだが、そのうち土砂崩れなどによって被害を受けた建物も多く、比較的新しい建物は地震によってそれほど大きな被害を受けていないと指摘。さらに、日本の耐震基準や免震技術、建築技術について詳しく紹介した。記事は、「日本政府は先進的な耐震技術の普及に努めており、補助金も支給している」とした上で、「わが国の地震研究者たちは、日本の地震から教訓をくみ取って、他山の石とすべきだ」と訴えている。(翻訳・編集/北田)