社会人となり、はや10年。独身の楽しみを謳歌した自分、まわりの友人たちは結婚ラッシュでお母さんになった子だっている。自分もそろそろ、次のステージにいきたい――。だけど結婚って、1人でできるものじゃないんですよね。彼にとってのタイミングが今じゃなかったり、相手のさまざまな事情で結婚できないアラサ―女子は多くいます。彼のことを待ちたい気持ちもある、だけど女性には出産のリミットだってある。のんびり悠長にかまえる時間だって本当はないけど、重い女だって思われたくない――。
そんなストレスを抱える独身女性の幸せについてご紹介します。

「待っていて」という呪縛

待ち合わせをしていて、相手が遅れているときに「あと15分で着くから待っていて」と言われたら、待つことはそんなに苦痛ではないと思います。しかし「いつ到着できるかわからないけど、とりあえず待っててよ」なんて言われたら、私の予定だってあるのにって不満に思いますよね。いつになるかわからないプロポーズを待つ女性の気持ちってそういう気持ちと似ていると思います。
「いつになるかはわからないけど結婚しよう」そんなフワフワした言葉に振りまわされてしまうのってとても疲れます。男性と女性は生きている時間のペースが違うのですれ違ってしまうことは多々ありますが、「待っていて」という言葉に縛られて身動きがとれなくなってしまうのって、すごくもったいないことなんです。

自分の人生を生きていますか?

あなたの人生と、彼の人生は違います。そしてあなたの幸せは、彼と結婚することだけではないはず。結婚だけに焦点をあててしまうから、視野が狭くなり身動きがとれなくなっていく……。そんな生きづらさからは解放されましょう。

彼に縛られず、好き勝手に生きてみよう

彼と結婚するからという理由で、仕事をセーブしてはいませんか? 本当は昇進したい、興味のある別業種に転職してみたい、だけど結婚して子どもができたことを考えると、なかなか踏み出せない……。そんな思いを抱えているのなら、思い切って一歩踏み出してみましょう。
はっきりいって、結婚の話が進まない今、彼と結婚できるとは限りません。プロポーズされることなくお別れにいたった場合、彼のために費やした時間は戻ってこないのです。それならば、できる限り自分のやりたいことをやって生活しましょう。
新しい趣味を見つけたり海外に旅行したり、楽しいことをして自分だけの人生を生きましょう。そうしたうちに、彼も結婚の準備が整うかもしれません。

人生全体でみれば、結婚生活よりも独身でいる期間のほうが短いかもしれませんよね。貴重な独身期間を、彼にイライラしたり不安を抱えて過ごすのはもったいないこと。自分の人生を大切に、独身生活を楽しく前向きに過ごしましょう。