私に何が足りないの?愛され女子になるためにやりたい5つのこと(Photo by drubig-photo/Fotolia)

写真拡大

【恋愛コラム/モデルプレス】「恋愛したいのに、いつもうまくいかない」そう思っている女性は世の中に多いです。しかし、意外にもモテをゲットするのは簡単なんですよ。今の自分に足りないものをチェックしていきましょう。そこで今回はモテを作るためにやりたい5つのことをご紹介します。

【さらに記事を読む】「あの子が可愛くて仕方ない!」男性が惹かれる女性の特徴5つ

♥自分の好みをしっかり見極める


意外と知らない自分の好みの男性像。いままで全く恋愛に興味がなかった女性がいきなり「恋人がほしい!」と宣言しても、友人知人は「そもそもどんな人がタイプなの?」と言うでしょう。

その時「背が高くて、イケメンで、運動神経抜群で・・・」なんてコメントが出てきそうですが、本当にそんな男性が好きですか?

よくよく考えると「そんなことない」自分を発見するでしょう。どんなタイプが好みなのか、街中の男性、芸能人、同僚の男性をよく見てください。

「あの人かっこよくない?」と言うと、「○○ってこういう人好きだよね!」と友人が教えてくれるでしょう。

「私ってこういうタイプが好きなのか」と見極めることで、本当の理想のタイプを見つけることができますよ。

♥色気を身につける


彼氏といった関係には進まずいつも友達止まり…なんて人は多くいるはず。もちろん付き合いやすく、誰とでも仲良くなれるのはとっても良いことです。

しかし、ある程度まで仲良くなってしまうと、その先には進みづらくなってしまいますよね。

みんなに愛されるキャラクターになりきるのではなく、気になる彼には本当の自分を見せるのも一つの方法ですよ。

♥ネガティブになりすぎない


誰かに励ましてほしいとき「私なんか○○だし…」と人前で悲観的になっていませんか?また、褒められても素直に喜べず「私なんか!」と謙遜していませんか?

自虐的な言葉を繰り返していしまうと、その姿勢は周りに伝わり。「その程度の人」と軽く扱われやすくなってしまいます。

ネガティブに「私なんか」と卑下するのはNG。どうしても励ましてほしい時は「聞いて」と相手に頼るような言い方が良いでしょう。

聞いている方も頼られているという気分になり、フォローしたくなるようになるのだそう。

♥消極的になりすぎない


人にも様々あるように、恋愛にも「四六時中べったりしていたい」タイプから「ひとりや友達との時間を確保しつつ、彼と会いたい」というタイプまで様々な形があります。

そんな中、相手に嫌われたくないという思いで、気を使いすぎてしまい、彼の印象に残らないなんて人もいるはず。

相手に気を使いすぎて、人付き合いが受け身になっていませんか?受け身のままでいるのではなく、積極的に関わるようにしましょう。

サポート役や相談役としてグループを整えるのもよいですね・

♥自分は恋愛がしたいのか見極めよう


「今、自分は恋愛がしたいのだろうか?」と、しっかりと自分に問いただしてみることも大切です。周りが結婚ラッシュだから、ひとりは寂しいから、と周りに流されていませんか?

恋愛だけがすべてではありません。恋愛が女性の幸せとも限りません。仕事がうまくいかないなら、まず仕事をかんばってみましょう。時間があってなんとなく寂しいなら、習い事でも始めてみましょう。

恋愛は探すものではなく、やってくるものともいいます。「いつもの満員電車で」「ふらりと立ち寄った本屋さんで」ふと恋に落ちることもあるのです。

恋愛に発展したものの、会う時間もない、実はあまり好きでもなかった、なんてことのないように「今、自分は本当に恋愛をしたいのか」を見極めましょう。

いかがでしたか?

恋愛と一言で言うのは簡単ですが、結局は人間と人間が関わりあう形のひとつ。

しかも相手は異性。うまくいかないことも多々あります。もし相手とうまくいって恋愛関係になっても、それがゴールではありません。

ぜひこの機会に、自分をもう一度見つめ直してみませんか?modelpress編集部)