18日、一昨年に大麻事件を起こした俳優ジェイシー・チャンとコー・チェントンの2人が、世間への見せしめとして、中国市場でこのまま無期限で封殺されるのではないかと報じられている。写真はジェイシー・チャン(左)とコー・チェントン(右)。

写真拡大

2016年4月18日、一昨年に大麻事件を起こした俳優ジェイシー・チャン(房祖名)とコー・チェントン(柯震東)の2人が、世間への見せしめとして、中国市場でこのまま無期限で封殺されるのではないかと報じられている。自由時報が伝えた。

【その他の写真】

ジャッキー・チェン(成龍)の長男ジェイシー・チャンと、若手人気俳優コー・チェントンの大麻事件が発生したのは、14年8月のこと。それぞれ拘留期間を経て出所し、特にコー・チェントンは芸能活動を再開しているが、中国での封殺は解けないままだ。出演映画の上映をはじめ、テレビ番組やCM、イベント出演までNGとなっている。

事件発生後、出演作がことごとく中国市場から消えたコー・チェントンは、このほどMidi Z(趙徳胤)監督の最新作「再見瓦城」に主演。本格復帰への第一歩を踏み出したが、あくまで台湾と香港市場向けのもの。ジェイシー・チャンについては、台湾に拠点を移しての復帰が見込まれているが、今後の活動は明らかになっていない。

香港メディアによると、父親ジャッキーが息子を復帰させるため奔走。ツテを頼りに中国当局に掛け合っているが、うまく事が運んでいないという。中国当局としては、2人の著名人への厳しい処罰により、「一罰百戒」としたい考えがあるため、封殺は無期限に続くのではないかと言われている。(翻訳・編集/Mathilda)