女性らしさもカジュアルも抜け感も。全てポロシャツで叶う

写真拡大

子どものとき、親によく着せられた記憶。そんなほんのり甘酸っぱい思い出もあるアイテム「ポロシャツ」。

大人になった今なら、Tシャツよりフォーマルに、でもラフに着こなせる、じつは使えるアイテムなのです。

紺 or 白でプレッピー調に着る

A photo posted by Lacoste (@lacoste) on

ポロシャツが一番マッチするテイストが「プレッピー風」。まずトライするなら、ネイビーが取り入れやすいカラー。サイズ感は、オーバーすぎずフィットすぎずのジャストを選んで。

ボトムに何を着ていいか分からないなら、同じ色味のネイビーを合わせてオールインワン風にすると今っぽい。

A photo posted by Lacoste (@lacoste) on

白のポロシャツも、着こなしやすいカラー。ゴルフルックやテニスルックと化してしまわないように、シルエットの美しいジャケットやパンツ、クラス感のある小物などを合わせてエッジィな雰囲気をキープ。

Tシャツよりもきちんと感を出しつつ、シャツスタイルよりもカジュアルな、絶妙な大人カジュアルスタイルを叶えてくれます。

「ボタンはずし」で抜け感を

A photo posted by J.Crew (@jcrew) on

なんか、首が詰まった感じがしてやっぱりポロシャツは苦手。それなら、ボタンをはずして抜け感をキープ。

簡単なことのようで、意外と気づきにくいこちらのスタイリング。ちょっとのことですが、雰囲気にグンと違いが出ます。

衿のデザインを強調

衿にラインが入ったデザインのものなら、あえてスタンドカラースタイルで目立たせて着てみるのもかわいい。

淡いピンクは、日本人の肌の色にもなじみやすいカラーなので、ぜひ取り入れてみたい色です。

女性らしいディテールの入ったもの

袖部分がオーガンジーになったこんなデザインなら、ちょっとドレスなムードで着られそうです。

変わり素材やデザインディテールが少し凝ったものは、ホワイトやブラックなどのベーシックカラーを選んで。

「きちんと」と「カジュアル」を両立してくれるポロシャツスタイル。スカートと合わせてガーリームードをプラスしてもよし、パンツと合わせて初夏の爽やかさを演出するもよし。

どんなボトムとも意外と合わせやすく、1枚あると、毎日のコーディネートをさらにアップデートしてくれます。

image by gettyimages