世界初の“スマート皿”「プレイティ」健康的な食習慣をサポート、一枚で無限のデザインパターン

写真拡大

[ この記事の画像をもっと見る ]

不規則な食生活を送りがちな現代人にとって、食にまつわる日々の健康管理は重要な課題だが、そんな人々が抱える悩みを、たった1枚のお皿が改善してくれるかもしれない。今回紹介するのは、スマートフォンと連動し、健康的で豊かな食生活をサポートする世界初の“スマート皿”「プレイティ(PLAY-TE)」だ。

感圧センサーを通じて、食事にまつわるデータを蓄積・解析する画期的なプロダクト「プレイティ」は、お皿に乗った料理の重量を検知することができ、何をどれくらい食べたかという基礎情報に加え、料理の減り方や減るスピードもデータ化。これにより、健康的な食習慣をガイドしたり、不健康な食習慣に対しアラートを発したりすることで、ユーザーの健康な食生活をサポートしてくれる。

また、これらの食事情報をBluetoothを介してスマートフォンに送信することで、「プレイティ」専用アプリでログデータを管理出来る。加えて、同アプリを介して、離れて暮らす家族やトレーニングジムのトレーナー、さらにはかかりつけの医師と食事データを共有すれば、蓄積したデータをより有効に活用出来るだろう。

お皿の表面が電子ペーパーとなっており、一枚で無限のデザインパターンが楽しめるのも大きな特徴の一つだ。これを応用して、例えば遠く離れた場所に住む両親の「プレイティ」に「沢山食べてね」とメッセージを送ったり、子供の描いた絵を読み込んで表示させる事も出来る。その日の食事ごとに異なるデザインで“味付け”して食卓を彩れば、毎日の食事に飽きることもなくなるかも。

本製品は、電通、ピラミッドフィルム クアドラ、トシヒロカワダ デザインの協業で、2017年の発売を目標にプロジェクトが進められる予定だ。

あらゆる物が“スマート化”していく中、古来からその形を大きく変える事なく人々の食事を支えてきたお皿。「プレイティ」の誕生は、人々の食卓事情を大きく変える事になるかもしれない。

【概要】
「プレイティ(PLAY-TE)」
公式ウェブサイト:https://play-te.com