4月18日、ニコニコ生放送で中継された「ギャルズ・パラダイス25周年アニバーサリーフェスタレースクイーン20名の総決起集会」。1

その放送現場に潜入取材を敢行。

 

都内某所で行われた生放送中継。今回の総決起集会は事前に発表があっただけでも20名以上のレースクイーンが集まるとあって、取材する報道陣もかなりの多さ。

そして19時30分の定刻になると、日本レースクイーン大賞初代グランプリの美波千夏さんの司会進行でニコ生がスタート!

今回、総決起集会に参加したレースクイーンは27名!これだけでも壮観。しかし4月24日のモーターファンフェスタではこの倍近くの50名以上が集結します。

 

ニコ生ではレースクイーン一人ひとりの自己紹介や、モーターファンフェスタでの「ギャルズ・パラダイス25周年アニバーサリーフェスタ」の説明などが行われ、4月24日への期待感は一層ふくらみます。

質疑応答ではレーシングミクサポーターズ2016の荒井つかさちゃんが見所として「GWの富士のスーパーGTだと混み過ぎちゃって、ピットウォークやグリッドウォークがギュウギュウってなっちゃいますけど、モーターファンフェスタだともっと余裕をもって富士スピードウェイでグリッドウォークを楽しんでもらえると思います」と語っています。

また今年から初参加というレースクイーンが多いこともあって、その辺の心境を聞いてみようかと思い質問してみました。答えていただいたのはスーパー耐久ST-Xクラス、ケーズフロンティアの山本愛美ちゃん。「最初はレースクイーンというお仕事だけに憧れてこの世界に入りましたが、スーパー耐久の開幕戦、スーパーGTの開幕戦を通じてチームのスタッフの方々、そしてお客様の熱気に影響をうけて、今ではモータースポーツが大好きです」と語っていました。

 

ニコ生終了後も、TVや新聞、ニュースサイトに至るまで様々なメディアの取材が続き、彼女たちの、そしてモーターファンフェスタの注目度の高さをうかがい知ることが出来ます。

それにしても、モーターファンフェスタに50名以上もレースクイーンが登場するとなると、いったい誰に注目すればいいのか?と嬉しい悩みを持つ方もいらっしゃるかもしれません。

2015日本レースクイーン大賞グランプリの荒井つかさちゃん。

2015日本レースクイーン大賞でクリッカー賞受賞の藤木由貴ちゃん。

とりあえず、グリッドウォークで悩んだら上記の2名に注目してみましょう。

彼女たちレースクイーンは「ギャルズ・パラダイス25周年アニバーサリーフェスタ」以外に、百数十台が富士スピードウェイの1.5kmのストレートを埋め尽くす「日本最大のグリッドウォーク」にも参加します。

モーターファンフェスタは入場無料(駐車場代別途)ですが、「ギャルズ・パラダイス25周年アニバーサリーフェスタ」はチケットを事前購入していただく必要があります。チケットはAUTOSPORT Web SHOPからご購入いただけます。

(写真・文:松永和浩)

【モーターファンフェスタ】ギャルパラ25周年アニバーサリーフェスタ総決起集会の放送現場へ潜入!(http://clicccar.com/2016/04/19/367400/)