【男女の意識のちがい】異性に対して、大変そうだなぁ。と思うコト「生理」「転勤」

写真拡大

普段の生活をしていると、自分ではそれほど大変だとは思っていなくても、異性から見ると、大変そうにうつることもあるようですね。男女の考え方のギャップが、そう感じさせているのかもしれません。そこで、異性に対して「大変そうだな」と感じることについて、男女それぞれにお話を聞いてみたところ、どういった意識のちがいがあるのか分かりました。

■男子が思う「女子って大変そう」だと思うコト

・「生理や化粧。これは男性にはないから」(33歳/情報・IT/事務系専門職)

・「彼女が暑い日などに、何回も化粧直しをしているのを見たとき」(35歳/建設・土木/技術職)

・「毎日のメイクやファッションへの気づかい」(31歳/情報・IT/技術職)

・「生理があることが大変そう」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「生理痛が大変そう」(33歳/小売店/事務系専門職)

毎月やってくる生理は、女性にとっても憂鬱に感じてしまうもの。特に生理痛が重いと、体調まで悪くなってしまうので、男性から見ても大変そうに見えるようです。また、毎日メイクや髪型のセットなどに時間を割かなければならないのも、大変そうに感じるみたいですね。

■女子が思う「男子って大変そう」だと思うコト

・「男性は仕事で転勤になったり、残業が当たり前だったりで大変そう」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

・「人生、仕事のウエイトが多くて大変そうだなと思う」(33歳/医薬品・化粧品/営業職)

・「仕事への責任感など、女性より負荷がかかる場合が多いこと」(25歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「仕事などでのプレッシャーが女性よりも大きいと思うから」(29歳/学校・教育関連/専門職)

・「男社会で生きること、仕事ができないと厳しい」(35歳/その他/営業職)

男性は仕事上で求められることが、女性より厳しいケースも少なくありません。仕事ができないとレッテルを貼られると、男性としてのプライドも大きく傷ついてしまいます。仕事ができる・できないで、結婚や今後の人生にまで大きく変わってくる可能性もあるので、とても大変そうですよね。

■まとめ

日頃の生活ぶりに大変そうと思う男性に対し、仕事そのものが大変そうと感じる女性といった結果が分かりました。男女では異性に対し、大変そうと思うことについては、大きくギャップがあるようですね。実際のところは、それほど大変と感じていない男女も多いかもしれませんので、きちんと話をしてみないと、さらにギャップが広がってしまうかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2016年3月にWebアンケート。有効回答数263件。22歳〜39歳の社会人男性・女性)