「Yahoo!ウォレット」の流れ (ヤフーの発表資料より)

写真拡大

 ヤフーは19日、オンライン決済サービス「Yahoo!ウォレット」の決済手段として「預金払い」と同社電子マネー「Yahoo!マネー」を追加すると発表した。初夏から利用可能となる予定。

 同社によると、「預金払い」は、銀行口座から決済代金が即時に引き落とされる。決済代金が後日引き落とされるクレジットカードと比べて、お金の管理がしやすく、使い過ぎの抑制につながることが特徴としている。大手銀行4行(三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行)、ネット銀行1行(ジャパンネット銀行)、地方銀行20行に対応する。

 「Yahoo!マネー」は、「ヤフオク!」「Yahoo!ショッピング」「LOHACO(ロハコ)」での買い物に1円単位で利用できる同社の電子マネー。チャージは「預金払い」に対応している銀行口座から100円以上1円単位で行える。「ヤフオク!」で出品した際の落札代金を「Yahoo!マネー」で受け取ると、落札代金の2%が「Yahoo!マネー」として上乗せされる特典がある。

 また、割り勘・個人間送金の機能に特化したアプリ「さっと割り勘 すぐ送金 from Yahoo!ウォレット」(iOS・Android対応予定)の提供も同じく初夏に予定しているという。

 「預金払い」と「Yahoo!マネー」は、当初は「ヤフオク!」「Yahoo!ショッピング」と、アスクルが運営するインターネット通販サービス「LOHACO(ロハコ)」で導入を行い、その後、今秋を目処に「GYAO!」「Yahoo!ゲーム」など、Yahoo! JAPANが提供する他のサービスでも導入していく予定。

 さらに「Yahoo!ウォレット」では初めてとなるリアル決済(実店舗での決済)への参入準備も進めており、2017年春を目標にサービスを開始する予定という。