台湾、中国大陸の抗議で国際会議から強制退場  代表の職位理由に

写真拡大

(台北 19日 中央社)経済協力開発機構(OECD)とベルギー政府が18日にブリュッセルで開いた国際会議で、台湾の代表団が「団長の職位が低すぎる」とする中国大陸の抗議により、退場させられていたことが19日、外交部の発表で分かった。

台湾は2005年からオブザーバーなどの立場で同会議に参加。経済部(経済省)によると、これまでこのような問題は起きていなかったという。今回の会議は鉄鋼の生産能力過剰の問題を協議する場で、関係各国・地域の高官らが出席。台湾の代表団は経済部工業局の沈維正組長が団長を務めていた。

外交部は他の代表との職位の差はほとんどなかったと指摘したほか、台湾は全ての会議に組長レベルの人員を派遣しており、過去に開かれた高官限定の会議にも問題なく参加できていたと強調した。

中華民国(台湾)政府は、今回の問題を受けて、中国大陸、ベルギー政府、OECDに対してそれぞれ厳正な抗議を行っている。現地時間19日午前に開かれた会議では、台湾の代表団は通常通り入場し、問題は起きなかった。

(戴雅真、黄巧ブン/編集:杉野浩司)