熊本で不審者情報多発 県警が注意「子供・女性は複数で行動して」

写真拡大

熊本県警察本部は、避難先などで「車の中に誘い込まれそうになる事案」「つきまとい事案」が発生していると注意をよびかけています。

【関連:商船三井フェリー、定期便を欠航し避難者宿舎に提供を検討】

熊本で不審者情報多発 県警が注意

特に子供・女性は複数で行動し、夜間の行動は避けること。また外出時にはできるだけ人通りの多い場所を通るようにし、被害に遭いそうになったときには大声を出し助けを求める、もしくは防犯ブザーを鳴らすなどの対応をとるよう注意しています。

他にも現在熊本県では、被災地や避難所での不審者(車)が多数目撃されているそうです。県内で不審者(車)を目撃したらささいな情報でも、特徴・車のナンバーなどをメモして、最寄りの警察署や県警本部まで連絡するようにも呼びかけています。

14日の地震から未だ大きな揺れが続く中、現地の方はさぞ不自由な生活を強いられていることとと思いますが、当面の間は県警の指示にしたがって日中でも必ず誰かと行動するよう心がけてください。それから近くにいる子供たちは大人以下の目線のため、大人とは違う景色をみて、さまざまな言葉や音を吸収し、状況がわからぬまま大きな不安を抱えています。どうか親御さんは小さな手を握りしめて、安心させてあげてください。そして必ず自分の身も守ってください。

▼参考
熊本県警察本部(@yuppi_KK