19日、中国人留学生を「ブタ」と侮辱し、中国のパスポートを燃やす動画をネット上に公開するなどして、オーストラリアと中国で物議を醸していたシドニー大学ビジネススクールの中国系教師が大学側に辞表を提出し受理されたことが分かった。写真はシドニー大学。

写真拡大

2016年4月19日、中国人留学生を「ブタ」と侮辱し、中国のパスポートを燃やす動画をネット上に公開するなどして、オーストラリアと中国で物議を醸していたシドニー大学ビジネススクールの中国系教師が大学側に辞表を提出し受理されたことが分かった。環球網が伝えた。

豪紙キャンベラ・タイムズによると、大学側は「人種や性別に対する差別、攻撃的な発言はここでは容認されない」と批判。教師は大学を通じて声明を出し「ネット上での不適切かつ失礼な発言について心から謝罪したい」と述べた。(翻訳・編集/柳川)