上戸彩、吉田羊、鈴木奈々…「納豆好き」は美人が多い?

写真拡大

 美容効果にも定評のある納豆。キレイ系芸能人の中にはそんな納豆が“根っから好き”と公言する人も少なくありません。

 その代表的な女優といえば上戸彩さん。全国納豆協同組合連合会の2004年「納豆クイーン」に選出されたこともあるくらいの納豆好きで、本人曰く「一日に9パック」たいらげる日もあるのだそうで、その納豆効果を享受しているようです。

 上戸さん以上に負けていない納豆好きが、同じく女優の吉田羊さん。彼女も2015年の納豆クイーンに選ばれています。

 その際に吉田さんオリジナルのレシピとして披露していたのが「納豆サンチュ」。鶏のひき肉と生姜を一緒に炒めたものに味をつけ、納豆とあわせたものをサンチュで巻いて食べるというもの。とってもシャレていますね。

 また、タレントの鈴木奈々さんも大好きだそうで、「なんだかんだと一番好きな食べ物」と、シンプルな納豆かけご飯をブログで披露しています。

 そんな「美人が好む」納豆ですが、当然、食べ過ぎると体に悪影響が及ぶのでご注意を。一説によれば、納豆に含まれる大豆イソフラボンを摂り過ぎると、女性ホルモンに影響が出るという研究も。一日に大きめのパックを3パック食べると、その上限値を超えてしまうのだそう。

 納豆美容に興味のある人は、くれぐれも食べ過ぎにはご注意を。