写真提供:マイナビニュース

写真拡大

PTCはこのほど、同社のARプラットフォーム「Vuforia」が、Microsoft HoloLensに対応したと発表し、Microsoft Build 2016内で行われたデモンストレーションの様子をおさめた動画を公開した。

デモンストレーションは、営業担当者が見込み客に対してキャタピラー社のマルチテレーンローダーの3Dデータを見せるというシナリオで実施され、Surfaceを使用して販売資料上にVuforiaでローダーの小さい3D可視化データを生成。その後、HoloLensを使用してステージ上に実物大のローダーを出現させた。

同機能はデモンストレーションのような営業用途だけでなく、製品や設備の使用と保守点検の手順を効果的に示すことで、専門性の高いマニュアル類に対する依存度の低減につながると期待されている。

なお、HoloLensに対応するVuforia SDKは今春以降に提供が開始される予定だ。

(神山翔)