好意のレベルがわかる男性の仕草5つ(Photo by eevl/Fotolia)

写真拡大

【恋愛コラム/モデルプレス】一目惚れでない限り、人は相手と交流するたびに思いが強くなるものです。それは男性にも同じことが言えますよ。意中の女性と触れ合うたびに、仕草で好意のレベルがわかります。そこで、好意のレベルがわかる男性の仕草を5つ紹介。気になる男性がどんな仕草をしているのか、チェックしてみてください。

【さらに記事を読む】「あの子が可愛くて仕方ない!」男性が惹かれる女性の特徴5つ

♥気になっている相手には「彼氏の有無」を確認


好きかどうかはハッキリしていなくても気になる異性のことはできるだけ詳しく知りたいものです。

男性は気になる女性に対して1番気になることがあります。

それは、彼氏がいるかどうかです。

彼氏がいれば、アピールをしても脈がない…と思ってしまいます。

彼氏がいなければ自分にもチャンスがある!とさらにテンションが高くなるのです。

もし、気になる異性が「彼氏いるの?」「今好きな人いるの?」と聞いてきたら、あなたが気になっている証になります。

さらに、あなたの趣味や興味など詳しく尋ねてくる場合は、好意を寄せているサインと言えるでしょう。

♥わかりやすい目線


女性よりも男性のほうが好きな人を見つめる傾向があります。

目が合う回数が多ければ多いほど、好意のレベルが高いと思ってください。目が合ったとたん、視線をずらしたり、誤魔化したりする傾向があります。

あなたと目が合うまであなたを見つめていた証拠になるのです。

気になる男性と目が合うのなら、あなたに好意を寄せていると言えるでしょう。男性のほうが視線・目線はわかりやすいです。

ただし、相手からの視線を感じたいと自分から見つめすぎては逆効果になってしまいます。

あくまで見つめすぎないように気をつけてくださいね。

相手と目が合ったときはほほ笑み返してあげるといいですよ。

♥好意のレベルがわかるパーソナルスペース


パーソナルスペースは好意のレベルを測る大きなポイントになります。人は相手との関係によって許しているパーソナルスペースが異なるものです。

たとえば、心を許している親友とは顔を近づけることができます。

しかし、まったく知らない人とはできるだけ顔を近づけたくないですよね。まさに、これがパーソナルスペースになります。

男性は好きな人に対してとても正直です。

好きな人とはできるだけ近づきたい、たくさんおしゃべりしたいと思っています。

よって、いつの間にか相手と距離が近くなっている、男性から近づける場合はあなたに好意を寄せている証拠です。

逆に、自分から近づいても距離を取る男性はまだ関係が親しくなっていないのでしょう。

♥連絡がよく来る


好きな人ほど、相手の日常生活に関わりたいと思うものです。

男性は自分の気持ちに正直な人が多いので、好きな人にはすぐ連絡したくなります。

普段、男性は用事がなければ連絡をしませんが、好きな人は特別です。今何をしているのか気になって仕方がないのでしょう。

男性から頻繁に連絡が来る場合は、好意のレベルが高いと思ってください。相手からメール・電話が来るときは2人の距離を縮める大チャンスですよ。

♥頼りがいのある存在になろうとする


男性は気になる女性にとって頼られる存在でありたいと考えることが多いのだとか。

好きな人から頼られると自分は信頼されていると安心できます。

好意を寄せている女性には「何か悩み事があったら聞くよ」「困っているときは頼って」など、優しい言葉をかけるでしょう。

仕草にも自分は頼りがいのある存在だとアピールしてきます。

いかがでしたか?

男性の好意のレベルがわかるサインは意外とわかりやすいですよ。気になる人の仕草や行動をぜひチェックしてみてください。

そして、距離感に合った方法で距離を縮めていきましょう。(modelpress編集部)