気分はやまとなでしこ♪ 抹茶体験ができる「宇治園」のカフェに大満足 / お茶が香るふわっふわクリームパンも美味〜!

写真拡大


今や抹茶はお菓子のフレーバーとして欠かせない食材。ただし、日本人といえども抹茶そのものを味わう機会は、めったにないですよね。

2016年3月に表参道エリアにオープンした「裏参道ガーデン」内には、作法などを気にせず気軽に抹茶を自分でたてて、スイーツとともに味わえるカフェがあるんです!

【和の雰囲気が落ち着く店内】

そんな“お抹茶体験”ができるのは、京都の老舗日本茶店「宇治園」が運営するカフェ。古民家をリノベーションした建物の一角にあります。

カウンター席で囲まれた小さなお店ながら、お茶の道具やかわいいパッケージの商品が整然と並ぶ、落ち着いた雰囲気です。

お目当ての抹茶は650円と800円の2種類から選べます。さらにプラス200円で、オリジナルのほうじ茶または抹茶を使った「くりーむパン」「くりーむあんパン」「おまんじゅう」のいずれか1つをセットにできます。

【ひんやり冷たいふわふわクリームが美味!】

今回は、お店の方おすすめの「ほうじ茶くりーむパン」をチョイスしました。

お茶の準備を待つ間に、小ぶりでひんやり冷たいパンをいただきます。

一口ほおばってみると、驚くほどクリームがふわっふわ! まるでホイップクリームを食べているみたい〜!
クリームの甘さはごく控えめで、香ばしいほうじ茶の風味がふんわり口に広がります。

さすが日本茶専門店が手がけたものとあって、とってつけたようなお茶の味ではなく、あくまで自然で上品な味わい。冷たいパンなのに生地が固くならず、しっとり柔らかなのもいい感じ!

【作法が分からなくても大丈夫】

抹茶の準備ができると、にこやかな店員さんが丁寧に点て方を教えてくれるので安心です。あらかじめ好みの茶碗を選ばせてもらえるのも、なんだか楽しい〜。

抹茶がきれいに泡立って、ちょっとした達成感が得られちゃいました! 大和撫子になった気分かも…♪

お茶菓子として濃厚な味わいの抹茶・ほうじ茶の生ショコラや、煎茶がついてくるのもうれしいところ。一つひとつの量は少ないものの、コクと奥行きのある味わいに大満足です。

「宇治園」では、肩ひじ張らずに本格的な抹茶が味わえるうえ、日本茶の魅力を改めて体感することができました。ちなみにこのお店では、抹茶のソフトクリームも人気だとか。

休日にゆったりとした気分で、おいしいお茶とスイーツを味わいたい方におススメです〜☆

参照元:裏参道ガーデン、宇治園
画像・執筆=沢野ゆうこ(c)Pouch

画像をもっと見る