約1万発の花火を地上50mのホテルの屋上から満喫。目の前で華開く様は圧巻だ

写真拡大

地上50mのホテルの屋上から、眼前に広がる琵琶湖花火のパノラマを満喫できる、日帰りホテルプランを琵琶湖ホテルが企画、早くも予約を開始した。

【写真を見る】琵琶湖のほとりに建つ名門ホテル

8月8日(日)に開催される2016年の「びわ湖大花火大会」。琵琶湖の目の前に立地する同ホテルならではの、迫力ある花火鑑賞と自慢の料理を組み合わせた日帰りプランは、毎年早くに売り切れる人気企画となっている。

今年は新たに「屋上鑑賞プラン」が登場。地上50mのホテル屋上から、花火を鑑賞できる絶景プランだ。和洋折衷会席料理かスペシャルビュッフェ料理のいずれかと、湖面を鮮やかに彩る約1万発の花火が、最高のロケーションで楽しめる、文字通り見逃せないプランといえるだろう。花火鑑賞中にもドリンクやおつまみが提供される。

その他にも、琵琶湖の夏の風物詩を満喫できる企画が目白押し。グルメに嬉しいフレンチ、イタリアン、鉄板焼、日本料理、バイキングから食事が選べるなど、様々なプランでゲストを迎えてくれる。

2016年は約35万人が訪れたびわ湖大花火大会。今年の花火は、琵琶湖を望むホテルでゆったり鑑賞し、夏祭り気分を満喫してみては。【関西ウォーカー】