梅雨前に仕込んで!イヤ〜な「真っ黒カビ」を撃退する除湿対策3つ

写真拡大

「ようやく冬が終わって暖かくなってきた〜」って、喜んでいる人も多いですよね。

でも、暖かくなってくると同時に気になるのは、雨の日や湿度の高い日の“除湿対策”なのではないでしょうか?

衣替えもありますし、これから梅雨を迎えるにあたって、今のうちから除湿対策はしっかりやっておきたいですよね。

また、新築マンションや戸建てなど“コンクリート造り”の新しい建物はカビが生えやすいので、梅雨が訪れる前からしっかりと除湿しておく心がけが重要です。

このたび、紀陽除虫菊株式会社の発表によって、衣替えの時期に適している除湿対策が明らかになりました。さっそく同発表を参考に、真っ黒なカビを防ぐために今スグやりたい除湿対策を3つお伝えしますね。

 

■対策1:押入れ・洋服ダンス・クローゼットに“除湿剤”を置く

押入れや洋服ダンスって、思いのほか湿気がこもりますよね。コンクリートで密度が高い空間になっていると、なおさらジメジメとカビくさくなりやすいものです。

そこで、今のうちから梅雨対策も兼ねて“除湿剤”を押入れやタンス、クローゼットの中に仕込んでおきましょう。

空気中の余分な湿気を吸い取って、容器の中に水が溜まるのでどのくらい湿度が高い空間なのかを梅雨前に知っておく目安にもできます。

 

■対策2:ベッド・布団の下に“除湿シート”を敷く

布団って、意外と湿気がありますよね。

寝汗をかくこともありますし、そのまま放置すると体温のせいで不快感を抱くこともあるのではないでしょうか?

布団にカビが生えてしまうと臭くて不潔ですし、お手入れも大変ですよね。

そこで、今のうちからベッドや布団の下に除湿シートを仕込んでおくと、余分な湿気を吸い取ってくれるので除湿だけでなく消臭効果も期待できます。

 

■対策3:引き出しの中に“除湿シート”を敷く

除湿剤や除湿シートを置いてもまだ湿気があるようなら、引き出しの中に敷くタイプの除湿シートも合わせて活用してみては。

引き出しの下のほうにしまってある洋服がジメジメしちゃうのを防ぐことができるので、より安心できます。

洋服が多かったり、タンスの引き出しが深いタイプを使っていたりするかたは、除湿剤だけでは対策が足りないことも。

本格的な梅雨時期には、ぜひ“中からも”除湿できるよう覚えておきたいですよね。

 

■記載の使用期間は“目安”なので実際に目で確かめて交換を

除湿剤を置いて「これで梅雨も安心!」と思うのはまだ早いんです!

多くの除湿製品は使用期間の目安が記されていて、モノによっては1年間ほど使えるものも多くあります。

けれど、湿度が高い場所で使った除湿剤は、指定された使用期間よりもグンと早く水分を吸収して効果が薄れていることも!

実際、筆者自宅のコンクリート部分は湿度が高めで、梅雨ではないのに除湿剤が2ヶ月で水分満杯になっていたことも。

使用期間目安はあくまでも目安なので、セットしただけで安心せずに、こまめに水分量をチェックする癖をつけたほうが安心です。

 

いかがですか?

これから梅雨シーズンもきますし、「カビちゃった〜!」とショックな事態を招きたくないですよね。

本格的に湿度が上がる前に、安心のためにも除湿習慣を取り入れてみてはいかがでしょうか。

(ライター 並木まき)

 

【関連記事】

※ ゲッ…台ふきんで食卓が菌だらけに!? 正しい食卓の除菌法とは

※ 最新版「子育てしやすい街」3位江東区、2位大田区を超える意外な1位は?

※ ムキ―っ!夫が密かに愛用しがちな「元カノからのプレゼント」3選

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 部屋干しが辛い!プロが語る主婦のお悩み「洗濯物の生乾き臭」の意外な原因

※ 杉本彩の美肌の秘訣!「毛穴の黒ずみが消える」と話題のすごいクレンジング

※ メイク直しが激減!ありそうでなかった「顔専用」の制汗ジェル

 

【姉妹サイト】

※ 昼休みの歯磨きにマッタ!「食後すぐの歯磨き」は虫歯や口臭のもと

※ 慢性的な肩こりは99%治る!2分でスッキリ「筋膜リリース体操」とは

 

【参考】

※ 衣替えの季節にオススメ「除湿対策」4つ - 紀陽除虫

 

【画像】

※ Daniel Jedzura / Shutterstock