島袋聖南、沖縄での美背中際立つビキニ姿に「キレイすぎ」の声 伊東大輝も反応/島袋聖南Instagramより

写真拡大

【女子旅プレス】フジテレビ系「テラスハウス」の元レギュラーメンバーでモデルの島袋聖南が、自身のInstagramにて、沖縄県の慶良間諸島でダイビングに挑んだことを報告。ダイビングスーツを腰まで下ろしたセクシーな美背中ショットを公開し、ファンから「セクシー」「キレイすぎる」と様々な反響が寄せられた。

【さらに写真を見る】島袋聖南、慶良間諸島の“ケラマブルー”の海での別ショット

14日から3日間沖縄に滞在していた島袋は、“ダイビングの聖地”と言われる慶良間諸島で、インストラクターと共に様々なダイビングポイントへ潜ったようで、「間近で海ガメ、ウミウシ、サメもグルクンの群れも見れたの!」と海での体験に興奮。

豊かな生態系が息づく慶良間の海に潜った島袋は、「サンゴ礁も綺麗だったんだけど、20年前の温暖化の影響でオニヒトデが異常発生してサンゴがほぼ壊滅しちゃったみたい」と現在の自然環境について触れ、「地元の事を知ってるようで知らなかった」「今回ルーツである沖縄の新しい発見が出来て良かった」と故郷を改めて見つめなおすきっかけになったようだ。

◆交際中の伊東大輝も反応


また、滞在中にケラマブルーの海を背にした水着姿を投稿した際には、番組をきっかけに交際をスタートさせた、ウィンドサーフィン選手の伊東大輝が、真っ先にハートマークと顔文字を添えて反応。

一連の流れを見たファンからは、「大輝くんだ!」「ダイキくんコメント一番だー!」と仲睦まじいやりとりに反応する声や、伊東の顔文字を真似たコメントも寄せられている。

◆世界中のダイバーを虜にする慶良間諸島


大小20の島からなる慶良間諸島は、“ケラマブルー”と呼ばれる透明度の高く美しい海に、ウミガメや熱帯魚など豊かな生態系が共存しており、世界中のダイバーたちを虜にしている。

慶良間諸島の中で最も大きな渡嘉敷島を拠点に、よりクリアなサンゴ礁の海が広がる安慶名式島、嘉比島でシュノーケリングやダイビングを楽しんだり、2月〜3月頃はホエールウォッチングも楽しめたりと、多彩なマリンアクティビティを体験できる。(女子旅プレス/modelpress編集部)

※記事は女子旅プレスの調査及び主観に基づくものであり、サービスが保証されるものではありません。