モテ車を解説する「週刊ポスト」連載の「死ぬまで カーマニア宣言!」。これまでにクルマを40台買ってきたフリーライター・清水草一氏(54)が、スポーツカーだけでなく普通車にも少なくない納期が長いクルマ、納車を“待たされるクルマ”について解説する。

 * * *
 ご同輩諸君。世の中景気がいいのか悪いのか微妙だが、国内の自動車の売れ行きはイマイチ。販売台数の前年比割れが続いている。

 そんな中、異様に納車待ちの長いクルマも存在する。国産車では、ホンダの軽スポーツカー、S660(198万円〜)が筆頭格だ。今年1月にオーダーしたクルマの納車予定が早くて9月。8か月待ちである。しかも現在はオーダーを受け付けておらず、次の受け付けは5月。そこから納車まで最低8か月かかるから、実質約1年以上の待ちになる。

 なぜS660の納車待ちがこれほど長いかというと、人の手と機械を融合させた専用工程を取り入れているため増産が難しく、メーカー側に増産する気もないからだ。

 人は、手に入らないと思うと余計に欲しくなる。レアものの魔力である。仮にS660が大幅増産を決めれば、その瞬間に大量のキャンセルが入るかもしれない。

 かく言う私も昨年S660を購入したが、3月の発表当日に注文を入れ、納車は約3か月後の6月末だった。私より数時間遅れで注文を入れた人は、そのわずかの差で納期が11月になったと聞く。品薄感とはげに恐ろしい。

 こういった少量生産のスポーツカーは、納車待ちが長くなるケースが多い。私の知る限り最も納期が長かったのは、1990年に発表されたホンダのスーパースポーツカーNSXだ。納車待ちは一時4年に及んだと言われる。といっても間もなくバブルが崩壊して注文は続々とキャンセルされ、数年後には月に数台しか売れない状況になってしまったが……。

 現在最も納車待ちが長いクルマは、ランボルギーニの旗艦、アヴェンタドール(4317万円〜)ではないだろうか。納車待ちは約2年。あまりに納期が長いため、待ちきれない富裕層はとりあえず下位モデルのウラカン(2750万円〜)を買い、アヴェンタドールが来るまでのつなぎにしている。と言ってもウラカンも1年半待つのだが。

 カーマニアの憧れ、ポルシェも結構待たされる。ディーラーに新車を買いに行けば、高額車だけに下にも置かない扱いをしてもらえるかと思いきや、「納車は早くて半年後になります」と、冷たく宣告されてしまう。

 美女に一番人気のポルシェと言えば、大型SUVのカイエン(859万円〜)だ。男なら人生で一度は美女と一緒にポルシェのディーラーに出向き、バーンとカイエンを注文してカッコいいところを見せたいが、どんなにカネがあってもクルマが手元に届くのは約半年後。中型SUVのマカンや911なども同様とのことである。

 ただしセダンタイプのパナメーラ(1037万円〜)であれば即納も可能とのこと。「しょうがない、とりあえずそれをくれ」と言えば、美女もその肉食ぶりに「私も食べてぇ〜」と言ってくれるに違いない。そんなカネがあればの話だが。

 納車待ちが長いのはスポーツカーだけではない。一般的なモデルの中ではトヨタの新型プリウス(243万円〜)が一番か。納期が長いのは上位グレードの「A」で、約4〜5か月待ち。しかしその下の「S」なら2か月くらいで大丈夫だという。「A」は増産が難しい高容量のリチウムイオン電池を搭載しているためだが、ニッケル水素電池搭載の「S」でも、燃費を含め性能はまったく同じだ。装備の差はあるが、それもオプションでかなり補える。

 少量生産のスポーツカーの魅力が“レアもの感”にあるならば、プリウスのような人気量産車は“新しもの感”が重要だ。今から4〜5か月も待っていたら、すでに街中が新型プリウスだらけになっている。こういう旬なクルマは一刻も早く手に入れて、優越感を味わった方がいいのではないだろうか。もちろん美女も最新の人気モデルが好きなはず。

 申し訳ない、納期最長の大物を忘れていた。トヨタの燃料電池車、MIRAI(723万円)だ。こちらは今注文しても納期は3年以上先。美女も熟女になるほどの長さである。

※週刊ポスト2016年4月29日号