18日、熊本で大地震が発生したことを受け、熊本県のゆるキャラ「くまモン」がツイッターの発信をしばらく停止することを決めたことに、中国のネットユーザーもコメントを寄せている。写真は中国の雑誌で紹介されるくまモン。

写真拡大

2016年4月18日、熊本で大地震が発生したことを受け、熊本県のゆるキャラ「くまモン」がツイッターの発信をしばらく停止することを決めたことに、中国のネットユーザーもコメントを寄せている。

【その他の写真】

記事によると、熊本県のPRマスコットキャラクターであるくまモンは、熊本県で最初に大きな地震が発生した14日以降、ツイッターでつぶやいていない。くまモンがツイッターを停止したことについて、熊本県は「地震に見舞われた方々の事を最優先に行動しているところであり、SNSでの情報発信については控えております」と発表している。熊本県で発生した地震では、これまでに44人が亡くなっている。

実はくまモンは中国人にも人気があり、地震直後には中国版ツイッター・微博(ウェイボー)に、被災者と共にくまモンを気遣うコメントも数多く寄せられていたほど。日本のあるネットユーザーは、ツイッターで中国人観光客と見られる人がくまモンと記念撮影をする写真と共に、「中国の多くの人がくまモンを通じて熊本を知り、地震の報に接して無事を祈っている。キャラの国境を超える力、改めてすごい」とつぶやいている。

ネットユーザーからは、「くまモン、どうかご無事で」「早く復活することを祈っています。頑張れ」「熊本、頑張れ!くまモン頑張れ!」などのコメントが寄せられている。(翻訳・編集/北田)