18日、中国から英国に2011年から10年間貸し出されたパンダの「甜甜(スウィーティー)と「陽光(サンシャイン)」は現在、ある研究に参加している。写真はパンダ。

写真拡大

2016年4月18日、中国から英国に2011年から10年間貸し出されたパンダの「甜甜(スウィーティー)と「陽光(サンシャイン)」は現在、ある研究に参加している。「偏食」で知られるパンダは、本当にタケノコと竹の葉しか食べないのか、ということ調べる研究だ。中国紙・参考消息が伝えた。

ロイターによると、英エディンバラ動物園で暮らしている「スウィーティー」と「サンシャイン」は、科学者がパンダの食習慣を研究するために排泄物を「提供」し、野生のパンダの保護につなげたい考えだ。排泄物は現在、精密な科学検査を受けている。

同動物園によると、「パンダは偏食で知られるが、これまでの研究では、パンダが食べる竹は60種類におよぶ可能性がることが分かっている。また、他の植物(菌類を含む)や動物も食べる可能性さえある」という。

また、「パンダがどの種類の竹を食べるかは、個体の必要や選択可能な種類、季節、場所などによって異なるかもしれないというのが、普遍的な見方」という。

「しかし、パンダが何を食べるのか、いつ食べるのかという問題において、知識があまりにも限られている。また、竹以外にどんな種類の食べ物を食べるのか、なぜそれらを食べるのかは、ほとんど分かっていない」としている。(提供/人民網日本語版・翻訳/KN・編集/武藤)