京都鉄道博物館、京都梅小路にオープン - 機関車から新幹線まで展示する日本最大級の鉄道博物館

写真拡大

京都鉄道博物館が2016年4月29日(金曜日・祝日)にグランドオープンする。

[ この記事の画像をもっと見る ]

本館は、1972年の開設以来親しまれてきた梅小路蒸気機関車館をリニューアルしたもの。「見る、さわる、体験する」ことで、誰もが楽しめる学びの場を目指す。

館内には、日本の近代化を牽引した53両の「蒸気機関車から新幹線まで」を収蔵。歴史的に価値のある貴重な車両を数多く展示する。また、実物車両の約1/80スケールの鉄道模型を係員が運転する巨大なジオラマも見逃せない。車両基地などの鉄道に欠かすことのできない施設を再現し、模型の走行を通じて鉄道システム全体を楽しむことができる。

注目は、運転士が実際に訓練で使用するシミュレータを使い、本物の訓練さながらの仕事体験ができるところ。他にも、線路点検に用いている軌道自転車で走行できる体験コーナーも設置し、まさに“鉄道を体験する”という言葉がふさわしい博物館に仕上がった。

【詳細】
京都鉄道博物館
グランドオープン日:2016年4月29日(金曜日・祝日)
住所:京都市下京区観喜寺町
アクセス:JR「京都駅」中央口より西へ徒歩約20分
開館時間:10:00〜17:30(最終入館受付は閉館時刻の30分前まで)
※季節などにより開館時刻の繰り上げ、閉館時刻の繰り下げを実施する場合があり。
入館料金:一般 1,200円、大学・高校生 1,000円、中学・小学生 500円、幼児(3歳以上) 200円
SLスチーム号乗車料金:一般・大学・高校生 300円、中学・小学生・幼児(3歳以上) 100円

休館日:毎週水曜日、年末年始(12月30日から1月1日)
※注釈 祝日、春休み(3月25日から4月7日)および夏休み(7月21日から8月31日)期間中は、水曜日も開館。

【入館券発売方法】
(1)事前発売(利用の1カ月前から前日まで)
JR西日本管内のみどりの窓口で発売予定。
(2)当日発売
京都鉄道博物館内で発売。