カーメロ・アンソニー(ニューヨーク・ニックス/SF)は、焦りを感じている――。

 NBAは4月13日にレギュラーシーズンの全日程が終了し、4月16日からプレーオフが始まっているが、今年もまた、彼はその舞台に立つことができないのだ。3年連続でプレーオフを逃したことになる。

 4月14日、プレーオフに駒を進めたチームが優勝に向けて練習を始めたころ、アンソニーは球団社長のフィル・ジャクソンらとオフシーズン前の面談を行なった。お互いに本音で、ありとあらゆる話をしたというが、そのすべての話の根底に、プレーオフに出られないチームへのアンソニーのフラストレーションがあったことは想像に難(かた)くない。

 面談の後、アンソニーは番記者たちに語った。

「去年17勝(65敗)だったのを、今年は勝ち星を倍近く増やした(32勝50敗)から、前に進んでいると言う人たちもいる。でも、僕の見方は違う。たしかに前進はしているけれど、プレーオフに出るのに十分な進歩ではなかった。僕はこのリーグに入って、最初の10年はずっとプレーオフで戦っていた。この3年、それを経験できないことで多くの疑問が浮かんでくる。いろいろと考えてしまうんだ」

 たしかに、アンソニーはルーキーシーズンから毎年、当たり前のようにプレーオフに出場して戦ってきた。デンバー・ナゲッツ時代に7回、ニックスに移籍して3回。そのうち8回はファーストラウンド敗退で、当時は1回戦を勝ち抜けないことでフラストレーションを感じていた。だが、その後3年連続でプレーオフ出場を逃し、NBAファイナルへのスタートラインにもつけなくなるとは、思ってもいなかった。

 昨シーズンはフィル・ジャクソンがニックスの球団社長に就任し、デレック・フィッシャーを新ヘッドコーチに迎えた。心機一転のシーズンだったから、勝率2割を少し超えただけという悲惨な成績も我慢することができた。

 今シーズンは有望な新人――クリスタプス・ポルジンギス(PF)が加わり、シーズン半ばまで5割前後の成績を残し、プレーオフへの期待が高まった。しかし、1月20日に22勝22敗だったのを最後に、連敗を喫して急降下。2月にはフィッシャーも解任され、4月に入る前にプレーオフに出られないことが確定した。

※ポジションの略称=PG(ポイントガード)、SG(シューティングガード)、SF(スモールフォワード)、PF(パワーフォワード)、C(センター)。

 高校時代からの親友で、同じ年にNBA入りしたレブロン・ジェームズ(クリーブランド・キャバリアーズ/SF)は、同じ13シーズンの間に6回NBAファイナルに出て、2回優勝を果たしている。今シーズンもイースタン・カンファレンスの第1シードとして、プレーオフの戦いを始めている。もうひとりの親友で同期のドウェイン・ウェイド(マイアミ・ヒート/SG)は5回NBAファイナルの舞台に立ち、3回の優勝を経験している。それだけに、ひとり取り残された気分になることもある。

 シーズン半ば、「レブロンやウェイドら、親しい選手たちの成功を妬(ねた)ましく思うことがあるか」と聞かれたとき、アンソニーはこう答えた。

「"妬み"は、言い表すのに適当な言葉ではない。それでも、彼ら同期を見て、『どこで間違ってしまったのだろうか? 僕も、彼らと同じ位置にいるはずだったのに......』と思うことはある。かつて、僕が10年連続でプレーオフに出ていたときには、彼らのほうが僕をそういう目で見ていたのに。今は、僕にとって厳しい時期だ。なんとか、ここから抜け出すことを考えようとしている」

「ここから抜け出す」といっても、ニックスから逃げ出したいわけではない。5年前、自ら選んでやってきたニューヨークの地――。そして2年前には、フリーエージェントで他チームから勧誘されながらも、ニックスに残ることを選んだ。アンソニーや家族にとって故郷でもあり、バスケットボール以外のビジネス面でもメリットがあるニューヨークだけに、「できればここで成功するチームを築きたい」というのが本音だ。

 それでも、今年5月で32歳になる彼にとって、現役として残された時間には限りがある。最近は故障で欠場することも増えてきた。信頼し、敬愛するコービー・ブライアント(ロサンゼルス・レイカーズ/SG)も、3年ほどケガで苦しいシーズンを送り、引退したばかりだ。名将と呼ばれていたフィル・ジャクソンも、球団社長としては新人であり、魔術師でも、救世主でもないと思い始めてもいる。

「自分にとって、究極の成功は優勝すること、というのは昔から変わらない」とアンソニーは言う。

 若いときは無尽蔵にあると思っていた時間も、チャンスも、年齢を重ねるにつれて限りがあることに気づく。その限りある年月で優勝をかけた戦いをしたい。そんな切実な願いを叶えるために、この先、どの道を選ぶべきなのか......。フラストレーションと焦り、そして揺れ動く心の狭間で、カーメロ・アンソニーの悩みは尽きない。

宮地陽子●取材・文 text by Miyaji Yoko