人類は果たしてテラフォーマーとの戦いに勝利できるか?

写真拡大

伊藤英明主演の映画「テラフォーマーズ」が2016年4月29日に全国の映画館で公開される。

人口爆発により新たな居住地として火星への移住を選択した人類は、火星の気温を上げるため"コケ"と"ゴキブリ"を送り込んだ。500年後、計画の仕上げとしてゴキブリ駆除のため15人の隊員を火星に送るが、凶暴な生物へと異常進化を遂げた「テラフォーマー」に隊員たちは次々と襲われる。

絶体絶命の状況で、隊員たちの体には昆虫のDNAにより虫の姿に変異し、驚異的なパワーを発揮できるという秘策が仕込まれていたことが明かされる。人類対テラフォーマーの壮絶な戦いが幕を開けるが―。

貴家悠・立花賢一両氏の原作コミックを三池崇史監督が実写化。主人公・小町小吉を伊藤が演じるほか、小町の幼なじみ・秋田奈々緒を武井咲、元キックボクサー・武藤仁を山下智久、天才ハッカー・蛭間一郎を山田孝之、尊大で無慈悲な科学者・本多晃を小栗旬など、豪華キャストが集結する。