写真提供:マイナビニュース

写真拡大

大阪市此花区のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)で7月1日〜9月4日、少年マンガ雑誌『週刊少年ジャンプ』(集英社)とのコラボレーションによる期間限定イベント「ユニバーサル・ジャンプ・サマー」を初開催することが19日、わかった。

「ユニバーサル・ジャンプ・サマー」では、『ドラゴンボール』、『DEATH NOTE(デスノート)』、『ONE PIECE(ワンピース)』という3つの名作をアトラクション化。『ドラゴンボール』は4-Dアトラクション「ドラゴンボールZ・ザ・リアル 4-D」(開催期間未定)として登場し、超サイヤ人・孫悟空と宇宙の帝王・フリーザの大激闘を体感できる。

また、今秋公開予定の映画『デスノート 2016』とコラボレーションした完全新作のリアル脱出ゲーム「デスノート・ザ・エスケープ」(7月1日〜9月4日)も登場。ゲストは、『デスノート』の世界が再現された空間で「L」と協力して謎解きに挑戦する。

そして、『ONE PIECE』をテーマとする「ワンピース・プレミア・サマー』(7月1日〜9月4日)では、「ワンピース・プレミアショー」を今年も開催。麦わらの一味の熱い絆の歴史と、圧倒的なスケールの壮絶バトルで魅了する。

さらに、現在『週刊少年ジャンプ』にて連載中の人気作品を中心とした展示イベントもパーク内にて同時開催。なお、各アトラクションや展示イベントの詳細は後日、公式サイトにて発表される。

(C)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション (C)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション (C)大場つぐみ・小畑健/集英社