『ジャングル・ブック』 ©2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

写真拡大

ディズニーによる実写映画『ジャングル・ブック』が、8月11日から全国で公開される。

【もっと大きな画像を見る】

同作は、1967年に公開された同名アニメーション映画の実写版。ジャングルに取り残された人間の赤ん坊・モーグリが黒ヒョウのバギーラ、母オオカミのラクシャら動物たちに見守られながら成長していく様を描く。

モーグリ役を演じるのは、オーディションで2千人から選ばれた12歳の新人ニール・セディ。動物たちの声を演じるキャストには、バギーラ役のベン・キングズレー、熊のバルー役のビル・マーレイ、ラクシャ役のルピタ・ニョンゴ、巨大な猿キング・ルーイ役のクリストファー・ウォーケン、蛇のカー役のスカーレット・ヨハンソンらが名を連ねている。

メガホンを取ったのは、『アイアンマン』シリーズや、『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』などのジョン・ファヴロー。ファヴローはモーグリ役のセディについて「彼に特別な“何か”があるのは一目瞭然だった」と語っている。スタッフには『アカデミー賞』を2度獲得している視覚効果スーパーバイザーのロバート・レガートをはじめとする映像制作チームが集結し、モーグリ以外の映像は動物や自然も全てCGで表現されている。