18日、日常生活用品である爪切りは中国のスーパーでは常に目立たず、技術のウェイトが高くないとして、注目されない存在だ。資料写真。

写真拡大

2016年4月18日、日常生活用品である爪切りは中国のスーパーでは常に目立たず、技術のウェイトが高くないとして、注目されない存在だ。中国製の爪切りは比較的粗末で、大同小異で種類が単一、長年2種類の製品しか生産していないメーカーもある。美容爪切り、子ども用爪切り、ペット用爪切りなど特色ある爪切りは中国の大多数の消費者が知らないものだ。人民日報が伝えた。

世界トップレベルの製品と比べ、中国製の爪切りの供給水準は全体としてやはりはるかに劣っている。技術だけでなく、種類においてもだ。「デザインが独特なこうした爪切りは、本当にかっこいい」。ドイツ・フランクフルトの免税店で北京から来た観光客はドイツ製の爪切りを絶賛し、1度に8、9個購入した。

日常生活用品である爪切りは中国のスーパーでは常に目立たず、技術のウェイトが高くないとして、あまり注目されない存在だ。世界のトップレベルの製品と比べ、中国製の爪切りは大きく劣る。これは技術だけでなく、種類やデザインにおいてもだ。小さな爪切りが、中国と世界の先進製造水準との開きを反映している。

実は中国の爪切りメーカーにも「双箭」「555」など老舗は多い。だが近年、市場の変化の大きな流れを前に、こうした企業は倒産したり、シェアを大きく失ったりしている。

上海の雑誌社で働く若い母親は韓国・ソウルに旅行した際に韓国製の爪切りに興味を惹かれた。彼女によると、中国製と韓国製の爪切りは機能面では大きな差はないが、韓国製はより見た目が良く、使いやすい。人の手をよく考慮してデザインされており、非常に使いやすい。子ども用爪切りはけがをしない配慮がされているだけでなく、デザインもとてもかわいく、安心で手軽だ。

中国製は技術が劣るのではなく、デザインが平板だ。この2年、観光客が海外で購入するものは炊飯器、便座、空気清浄機など高級商品だけでなく、爪切り、電気剃刀、ステンレスボトル、美顔器、文房具なども人気で、独特のデザインが重要な理由となっている。(提供/人民網日本語版・翻訳/NA・編集/武藤)