宮沢りえ主演『グーグーだって猫である』続編のポスター

写真拡大

大島弓子が1996年に連載を開始。累計発行部数80万部を突破し、08年の手塚治虫文化賞の短編賞を受賞した、飼い猫との愛しい日々を綴った自伝的コミックエッセイ「グーグーだって猫である」(全6巻)。08年に小泉今日子主演で映画化された後、14年に宮沢りえ主演でドラマ化されたこの作品が、約2年の歳月を経て、連続ドラマWにて再びドラマ化されることとなり、そのポスタービジュアルが解禁となった。

小泉今日子主演で映画化された『グーグーだって猫である』が宮沢りえ主演でドラマ化!

この続編では、主人公の人気マンガ家の小島麻子役を続投する宮沢をはじめ、長塚圭史、黒木華、田中泯の豪華キャストが再集結。さらにアシスタント役に前田敦子、刑事役にイッセー尾形、麻子の同級生役に西田尚美と個性的なキャストも加わる。

また、前作では描き切れなかった、“グーグーと過ごした15年8ヵ月間”に起きた出来事を原作の設定をもとにして構築。前作のファンのみならず、本作から見る人も楽しめるオリジナルストーリーとなっている。

解禁となったポスターは“グーグー(good good)”と麻子の何げない日常と、グーグーと幸せな時間を過ごした人々の心温まる物語を凝縮したようなビジュアルで、宮沢のはじけるような笑顔が印象的だ。

土曜オリジナルドラマ『連続ドラマW グーグーだって猫である2 -good good the fortune cat-』は6月11日より、毎週土曜よる10時(全5話)に放送される(※第1話無料放送)

【関連記事】
[動画]犬童監督、大島弓子原作で宮沢りえ主演に「人生でも最高の時間」/『連続ドラマW グーグーだって猫である』完成披露試写会舞台挨拶
[動画]宮沢りえ、目をキラキラさせ住みたい街ナンバー1語る/『連続ドラマW グーグーだって猫である』完成披露試写会舞台挨拶
2人揃って大島弓子ファン!犬童一心監督が小泉今日子の魅力を語った!!/『グーグーだって猫である』
[動画]小泉今日子主演! 映画『グーグーだって猫である』舞台挨拶