19日、熊本の地震について連日報道が行われているが、現地で取材していたテレビ局の中継車がガソリンスタンドで列に割り込みし、謝罪する事態が発生。列の割り込みが日常茶飯事の中国で注目を集めた。写真は熊本地震の被災地。撮影:劉傑。

写真拡大

2016年4月19日、熊本の地震について連日報道が行われているが、現地で取材していたテレビ局の中継車がガソリンスタンドで列に割り込みし、謝罪する事態が発生。列の割り込みが日常茶飯事の中国では各メディアがこの騒動を取り上げ、ネットにも関連のコメントが多数寄せられている。

割り込みがあったのは17日で、熊本県菊陽町津久礼のガソリンスタンドで給油待ちの車列に関西テレビの車両が割り込んだ。同社は「あってはならない行為」とホームページで謝罪し、詳細な経緯の確認を進めているという。

中国ネットでは、「素養が低すぎる!解雇にしろ!」「世界一礼儀正しい国ではなかったのか?」「漢字を使っている時点で日本は中国の影響を受けている。マナーに関してもどうやら中国の影響を受けているようだ」と否定的な声があった一方、「列への割り込み?中国では日常茶飯事だ」「割り込みくらいでなぜ謝罪する必要がある?」と中国と比較する声が寄せられた。全体的には、「日本人は素養が高い」というイメージを崩すような行動にガッカリする反応が多く、「騒ぐほどのことではない」と中国では珍しくないと語る声も多かった。(翻訳・編集/内山)