オランダ北部沖の難破船で見つかった「貴重な発見」

写真拡大

オランダ貿易の要所だったテセル島周辺には、たくさんの難破船が海底に埋まっている。それは当時のドレスや日用品などを保存する、歴史がつまった宝庫だった。

SLIDE SHOW 「オランダ北部沖の難破船で見つかった「貴重な発見」」の写真・リンク付きの記事はこちら
02-nieuwe-pagina-detail-japon-640x536

2/6右は、難破船から発見されたドレス。左の絵のようなデザインだったと見られる。

03-nieuwe-pagina-pomander-640x418

3/6左は、難破船から発見されたポマンダー(香り玉)ホルダー。右は、絵画に描かれたもの。人々はこれに香りのよいドライフラワーを詰めて、現代の香水のように使っていた。

04-cow-horn-lice-comb-640x376

4/6髪の毛についたしらみを取るための櫛。材質は牛の角。

05-red-velvet-pouch-embroidered-with-silver-thread-640x446

5/6刺繍されたヴェルヴェット(ヴィロード)の財布。

06-book-cover-with-stuart-arms-640x390

6/6チャールズ1世の紋章が金箔で入った書籍。

Prev Next

このドレスは17世紀以来、海底の砂の層に埋まって保存されてきた。ルネッサンス後期の絵画によく見られるようなデザインで、立派な綾織でできており、所有者は上流階級の女性だったと思われる。美しいものだが、ビーズや刺繍、金糸、銀糸が使われていないことから、専門家たちはこのドレスは普段着だったと考えている。

同じ女性の持ち物と思われる本には、英国の王室、スチュアート家のチャールズ1世の紋章が入っており、この女性が王家の一員だった可能性を示唆している。

このように保存状態のよい織物がまとまって見つかることは非常にまれなことで、この種の発見物ではヨーロッパで最も貴重なものとなっている。

この発見物はさらに、この時代の日常生活の様子を知りたいと願う歴史家にも恩恵をもたらす。絵画に描かれているものが、人々の生活を正確に記録しているとは限らない。時代を象徴する高価な衣類の発見を通じて、この時代の特権階級の女性たちが実際に想像通りの服装をしていたことがわかる。さらに、頻繁に入浴する習慣のない文化では一般的だったと言われているように、香りの強いドライフラワーを入れた小さな金属の玉を持ち歩いて体臭を隠していたことや、しらみを取る櫛が必要だったことなども確認できる。

これらの遺物は、オランダ北部にあるテセル島周辺の難破船で発見されたものだ。同島のカープ・スキル博物館で、5月16日まで展覧会が行われている

テセル島は、北海とワッデン海の間にあることから、かつてはアムステルダムから諸国に出発・到着する貿易船にとって大切な要所となっていた。テセル島周辺には多くの難破船が海底に埋もれており、ダイヴァーたちは頻繁に難破船から貴重な品々を引き上げている。

『HISTORY BLOG』の記事では、こう説明されている。「船はテセルの港に碇を下ろし、島の影にある安全な場所に身を隠して、航海に適した風が吹くのを待ったり、悪天候を避けたり、乗組員や荷物を積んだりしていたが、予期せぬ嵐に遭遇して難破したものもある。難破船の多くは砂に守られている」