©Disney

写真拡大

ディズニー・ピクサー映画『ファインディング・ニモ』に登場するキャラクター、ウミガメのクラッシュと会話が楽しめるアトラクション、「タートル・トーク」。

TDS人気アトラクション「タートル・トーク」フォトギャラリー

映画のシリーズ続編『ファインディング・ドリー(2016年7月16日公開)』に伴って、人気再燃しそうな「タートル・トーク」をもっと楽しむトリビアをご紹介します!

アメリカンウォーターフロントにある豪華客船「S.S.コロンビア号」の船尾部分にある「タートル・トーク」は、2009年10月1日にオープンしました。

クラッシュとの会話が楽しい「タートル・トーク」ですが、今回は “もっと楽しむためのトリビア” や “楽しみ方” をご紹介します。

1. クラッシュに指名されやすくなる3つの方法

ゲストと楽しい会話を繰り広げるクラッシュですが、もちろん全員と会話ができるわけではありません。

そんな中、これならアナタもクラッシュに指名されるかも? という、方法をお教えします!

まずは「特徴的な格好をする」という事。

これは奇抜なスタイルという意味ではなく、例えば「帽子」や「カチューシャ」、「メガネ」など、又は目立つ色彩の色の服装をしていると指名されやすい傾向があります。

クラッシュは、ゲストを選んだり、会話をする時に、服装の特徴を、海の生物や、海産物などに例える事が多いのです。

例えば、白い帽子をかぶっているゲストに対し、「そこの頭にホタテを乗せている人!」や、マフラーを巻いている人に「そこでワカメを首に巻いている人〜!」という指名をする事が多くあります。

ただ、あまり大きすぎる帽子や、カチューシャの着用は、まわりの方の迷惑になる事もあるので注意してくださいね。

また、もうひとつの現実的な方法として、「通路の端」や、「座席ブロックの外周」に座るのも効果的です。

これはアトラクションの進行上、クラッシュに指名されたゲストに、キャストが途中でマイクを向ける場面があります。

その際に座席の中央付近だと、物理的に入りにくいと言う理由があります。

更なる方法として、シアター(海底展望室)に入ったら、速やかに座席を選び、早く着席する事。

なぜ、それが有効なの? とお思いかもしれませんが、クラッシュは、ゲストが海底展望室に入ってから、既に選ぶ人を「探している」かもしれないから、です。

早めに着席して、自分の存在をアピールしておけば、選ばれる可能性が少し高くなるかもしれませんね。

これらは確実な方法ではありませんが、少しは選ばれる可能性が高くなるかも…?

もちろん、クラッシュに選ばれなくても、十分楽しめるアトラクションですので、愉快なクラッシュの会話を楽しんでくださいね。

2. レアケース!「あのキャラ」が登場するパターンが存在する!

変わらぬクオリティで、ゲストを楽しませてくれる多くのアトラクション。

どのアトラクションも、基本の形は変わりませんが、「タートル・トーク」は、その時のゲストの反応や、クラッシュの受け答えによって、楽しみが大きく変わります。

そんな中、実はあまり見られないレアなケースもあるのです。

それは、ディズニーではおなじみのピクサーの映画『トイ・ストーリー』に登場する、あのスペースヒーローが登場する事があるのです。

アトラクションで物語が進むと、クラッシュが海底で拾ってきた “あるもの” をゲストに見せる場面があります。

この時に、そのスペースヒーローが登場する事があるのです。

ただ、これはいつどんな時に登場するのかは、公式に明らかにされておらず、出会えたらかなりラッキーなケースです。

こんなこだわりもディズニーらしいですよね。

3. 隠れミッキーだけじゃない! まさかの隠れグーフィーも!

待ち時間や、ちょっと空いた時間にも、ゲストを楽しませてくれる東京ディズニーリゾート。

そんな要素のひとつに「隠れミッキー」があります。

もちろん「タートル・トーク」にも隠れていますが、今回は特別にご紹介!

スタンバイでアトラクションに並び、船の内部に入った場所。

部屋の壁には、様々な図解や絵、新聞記事等が貼られています。

その壁の東側、ゲストが次の部屋に進む手前には「海底展望室」を横から見た断面図があります。

実はこの絵の右上にある「雲の形」がミッキーになっているのです。

気にしていないとわかりませんが、比較的簡単に見つかる場所ですので、ぜひ探してみてくださいね。

そして更にちょっとレアな隠れグーフィーもご紹介!

船に入って突き当りの壁には、このS.S.コロンビア号全体の断面図があり、細かな船内部の様子が描かれています。

なるほど、こうなっているのかー! と感心してしまうくらい細かな図なのですが、一番最下層にある「貨物室倉庫(CARGO BAY)」を見てください。

あれれ? なんとここで美味しそうにパンをかじるグーフィーの姿が…。

サボっているのか、勝手に食糧を食べてしまっているのかはわかりませんが、ぜひ探してみてくださいね。

4. 新聞記事に隠れたS.S.コロンビア号の秘密!

船の中に入ると、色々な掲示物があります。

先程ご紹介した船の内部の様子や、新聞記事、クラッシュと話すための特殊なマイク「ハイドロフォン」等についても色々書かれています。

ほとんどが英語で書かれているので、ちょっと解読するのは大変。

しかしながら、この新聞などには、しっかりとしたS.S.コロンビア号の歴史等が書かれているのです。

貼られている新聞の中には、S.S.コロンビア号の建造の歴史や、写真などがあり、更には同船のスペックも詳しく書かれています。

その中から興味深いものを見てみると、「全長」は460フィート(※1フィートは約30.48センチ。約140m)、「最大幅」は82フィート(同約25m)。

また、ファーストクラスや、標準客室の部屋数や、合計の部屋数、16艘の救命ボート、最高速度は23ノット、エンジンは2基…等の細かなスペックも記載されています。

ちなみにこの船の全長は、あの有名な実在した豪華客船「タイタニック号」のちょうど半分くらいの長さです。

他にも細かなデータが詳しく掲載されており、これらは船舶に詳しい方でも納得できる細かな描写がされています。

また、建物に入って右側に貼られている新聞には、「1912年3月20日 ニューヨークのS.S.コロンビア号は3年間の造船所での建設を終え、本日、イングランドのリバプールに向けて、豪華な3,500マイルの処女航海に出発しました。」と言う記載が。

このエリアの時代設定は主に1912年。こんな所にも細かなこだわりが隠れているのですね。

5. お隣の「セイリングディ・ブッフェ」との意外な関係…?

様々な新聞記事がある中に、何やら “演台” の上で、演説をしている貫禄ある人物が写っています。

この顔、どこかで見た事がありませんか?

そうです。この人物はお隣のレストラン、「セイリングディ・ブッフェ」の入り口上に飾られた大きなバナー(布の広告)にも描かれている人物。

彼は実在した第26代アメリカ大統領のセオドア・ルーズベルトです(バナーはイベントによって変わる事もあります)。

「セイリングディ・ブッフェ」は、元々は船の貨物倉庫なのですが、ここをS.S.コロンビア号の出航を祝うレストランとして使われています。

大統領が演説している演台は、実際にレストランの中央にあります。

「セイリングディ・ブッフェ」に行かれた時は、確認してみてくださいね。

ちなみに.S.コロンビア号にある「テディ・ルーズヴェルト・ラウンジ」は、冒険家でもあったセオドア・ルーズヴェルト大統領の通称「テディ」の名がつけられています。

…いかがでしたか? 愉快なクラッシュとの会話が楽しめる「タートル・トーク」。

実は、結構細かな物語も隠されているのです。

ちょっとマニアな秘密も、まだまだ隠れています。物知りなクラッシュに負けないくらいの物知りを目指してみては?

『ファインディング・ニモ MovieNEX』

☆いつでもどこでも楽しめる、デジタルも配信中!

発売日: 2016年4月20日(水)/価格:4,000 円+税

■《買った人だけ楽しめるサイト! “MovieNEXワールド” ラインナップ》

[ THEATER 〜デジタルコピーや特典映像を見よう! ]

・『ファインディング・ニモ』デジタルコピー(クラウド対応)
・メイキング映像や未公開シーン
・『ファインディング・ドリー』関連プロモーション映像

[ SOUVENIR 〜スペシャルアイテムをもらおう! ]

・めいろなどダウンロードして楽しめるアクティビティ
・購入者限定マストバイプレゼント

▽詳細はこちら