18日、客に無料で提供される消耗品や店の備品などを罪の意識なく持ち去る「隙間窃盗」の被害が韓国で多発しているとの報道に、韓国のネットユーザーがさまざまなコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年4月18日、韓国・中央日報は、客に無料で提供される消耗品や店の備品などを罪の意識なく持ち去る「隙間窃盗」の被害が韓国で多発しているとし、その多彩な事例を挙げた。

ソウル中心部でカフェを営む女性は、ストローや紙ナプキン、砂糖などを客が自由に取れるようオープンコーナーに置いているが、最近ではその量をできるだけ少なくしている。ある日、ストロー数十本を持ち去ろうとした高齢女性を止めたところ、「客が使うための物なのに問題があるのか」と逆に怒られたというのだ。

同様の問題は、スターバックスなど大型コーヒーチェーンでも起こっている。こちらでは店内用のマグカップを持ち去る窃盗が後を絶たず、「このカップは店内でのみ使用できます」との文言を貼り出したものの効果がみられていない。飲食店では箸やスプーンなど食器がなくなる例も珍しくない。

一方、新たな会員募集に向け客専用のウエア500着を新調したというソウルのフィットネスジムでも問題が起こった。客は手ぶらでジムを訪れてウエアに着替え、利用後は返却してそのまま帰宅できる便利なシステムだが、この新ウエア、半年で男女計130着がなくなってしまった。オーナーは「更衣室に防犯カメラを付けるわけにもいかない」として頭を抱えている。

さらにモーテルなど宿泊施設では、ドライヤーやシャンプーなどの生活用品が頻繁に持ち去られる。一部の宿泊施設は被害を防ぐため備品に盗難防止用のタグを付けたが、シャンプーなどの容器をあらかじめ持参して中身だけを抜き取る窃盗犯も出ている。

専門家はこの状況について「景気が悪くなるほど、経済水準が低い国ほど、隙間窃盗が頻繁に発生する」と分析し、韓国の不況に原因があるとしたが、韓国のネットユーザーの間では「不況ではなく一部の人たちがおかしいんだ」とのコメントが最も共感を集めた。

他にも「不況じゃなくて人としての基本の問題」「ジムやモーテルに行き、高いコーヒーを飲むお金があるんだから、不況のせいじゃない。ただの盗み癖だよ」「これは経済とは関係なく国民性。隣の国と比較するのではなく、自分たちで反省しよう」「人格の問題。後進国だということを認めてるね」など、専門家の分析を否定するコメントが目立った。

さらに、「何でも盗んで行くんだな。生きにくい世の中だ」「こじきじゃあるまいし、他人がなめたスプーンや他人の汗が染み付いたウエアを家で使う気になる?」「平和な時にこうだとすると、戦争なんか起きたら略奪や放火が起こりそう」といった声が寄せられた。(翻訳・編集/吉金)