18日、韓国で2年前に起こった旅客船セウォル号の惨事に遭遇し、多くの高校生らを助け「青いズボンの英雄」と呼ばれた男性が、済州島の済州道庁で手首を切り、国の対応に抗議する騒ぎがあった。写真はソウルに掲示された真相究明などを訴える市民の声。

写真拡大

2016年4月18日、韓国で2年前に起こった旅客船セウォル号の惨事に遭遇し、20人以上の高校生らを助け「青いズボンの英雄」と呼ばれたキム・ドンスさんが、済州島の済州道庁で手首を切る騒ぎがあった。韓国・聯合ニュースなどが伝えた。

【その他の写真】

済州消防安全本部と目撃者などによると、キムさんは午後1時30分ごろ、道庁1庁舎1階ロビーで自分の手首を刃物で切り付けた。その際、「セウォル号の真相究明もできず、治療もできないこの国が嫌いだ」などと叫んでいたという。キムさんは病院に運ばれ治療を受け、幸い命に別状はない。

キムさんは乗客として当時セウォル号に乗っており、船内の消防ホースなどを使って高校生ら20人以上を助けた人物。惨事の後、生存者に対する政府の無関心への不満や精神的な苦痛を訴え続けており、昨年3月と12月にも、それぞれ自宅とセウォル号聴聞会場で抗議の自傷行為を行った。

この報道に、韓国のネットユーザーから多数のコメントが寄せられている。

「英雄であっても英雄の扱いを受けられない汚い世の中」
「このどうしようもない国を変えてほしいと思って投票したんだ!」
「その気持ち、痛いほど分かります」
「本当に最悪の国だ」

「これこそまさに“ヘル朝鮮”の実態だ!」
「高校生たちを助けられなかった自責の念で、不安症にうつ病にまでかかってしまったのでは?」
「過去に逆戻りしているようなこの国を、いったい誰が正すことができるだろう」

「キムさん、生きて闘いましょう」
「歴史的に、愛国者や義人が必ず損する国」
「セウォル号犠牲者の2周忌に、朴槿恵(パク・クネ)は何をしていただろう?」
「間抜けな国民はもう問題を終わりにしようとしている。だから100年たっても不正や腐敗がなくならないんだ」(翻訳・編集/吉金)